映画バトルロワイアルについて質問です

映画バトルロワイアルについて質問です 映画の後半で川田と七原と中川はなぜ首輪を外せたのですか? なぜ川田は優勝者なのになにもされなかったのですか? なぜ、川田は首輪の外し方を知っていたのですか? 教えてください。

補足

川田はなんでもできる天才なんですか?

日本映画1,757閲覧

ベストアンサー

2

補足を読んだ回答です。 小説での設定ですが・・・。 川田は天才です。 母は幼い頃に死に、父親はもぐりの医者で、前回のバトルロワイアルに息子が選ばれたことに反対したため、政府に殺されました。 小さい頃から父を見ていたので医術もこころえ、身体能力も高く、知力も高いという設定です。 車の運転、船の操縦、ハッキング、読心術、調理など、さまざまな事が出来ます。 つけ足しの回答・・おわり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 原作を読みました。 川田は前回の優勝のあと、本部のコンピューターにハッキングをして、首輪の外し方を調べました。 だから、知っていたんです。 七原と中川の助け合う姿を、自分と死んだ恋人に重ね合わせて、助けたいと思い、二人を支えて戦い、最後に首輪を外してあげました。 おそらくは、中川の首輪をはずすところを、七原にも見せて、外し方を教え、川田の首輪は七原が外したんだと思います。 (首の後ろで解錠するため、一人ではずせません) 川田の計画では・・・優勝者として軍に迎えられる。 バトルが終了し、軍は島から撤退する。 軍がそちらに気を取られている間に、七原と中川は港の近くで潜伏する。 設備などを運ぶ船に、七原と中川が潜り込み、東京で合流する。 こういうものだったはずです。 (原作にありますが、軍が撤退した後、万が一にも生存者が残らないように、島全体に毒ガスが巻かれるため、島で数日潜伏するようなことは出来ません) 本来なら、映画の冒頭にあったように、優勝者はテレビで撮影され、軍隊に囲まれて迎えられるんですが、キタノが三人のからくりに気づきました。 そのため、キタノだけが学校で待っていたんです。 キタノの心情は推測するしかありませんが、中川典子と会って、しっかり話をしたかったんじゃないでしょうか。 実の娘には相手にされず、学校でも生徒に相手にされず、担任時代に、唯一キタノが言葉を交わす相手が典子でした。 典子は、生徒というだけでなく、特別な存在です。 娘と姿を重ね合わせていただろうし、天使のように感じていたかも知れません。(絵の中の典子が、そんな感じでした) 最後に中川(と、七原)に撃たれて死んだキタノは、本望だったかもしれません。 水鉄砲を出して見せたのも、自分を撃たせるための工作だとしか思えません。 軍がいれば邪魔になるので、軍を撤退させて、自分だけ残っていたんでしょうね。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さらにバトルロワイアルが好きになりました!

お礼日時:2012/10/15 10:58

その他の回答(1件)

0

漫画での川田の設定は 一度バトルロワイヤルの優勝者だったので、首輪の外し方を知っていた。