ここから本文です

HDLコレステロール(善玉)が高く LDLコレステロール(悪玉)が低いです。 で...

dor********さん

2012/10/1119:13:49

HDLコレステロール(善玉)が高く LDLコレステロール(悪玉)が低いです。
で要治療になりました。

毎年行ってる人間ドッグで
HDLコレステロール(善玉)が高く LDLコレステロール(悪玉)が低いです。
で今年から要治療と診断されました。

昔からでHDLコレステロールが昔から高いです
2007年 HDL 121 LDL 50 総コレステ 198
2008年 132・・・・・・・・・ 46 ・・・・・・・・・193
2009年 128・・・・・・・・・ 50・・・・・・・・・・ 210
2010年 126 ・・・・・・・・・71・・・・・・・・・・ 226
2011年 143・・・・・・・・・ 55・・・・・・・・・・ 215
2012年 136・・・・・・・・・ 56 ・・・・・・・・・・207


いままでは経過観察だったのです。以前までは先生が
HDLが高い分には問題ないからいいよっておっしゃっていたのに

今年の先生は、最近はHDLが高すぎるのも問題があってね、
しっかりと診察を受けにいってくださいね。ということだったのですが
私の場合、ずーっとこのように 善玉が高く 悪玉が低いという場合は
今後は下げる薬の服用をしたほうがいいのでしょうか?
内科に受診でいいのでしょうか?
近くの内科だと、たぶん気にするなぐらいな感じで終わってしまいそうで、
ちゃんとコレステ専門の内科みたいなところを探して受診すべきですか?

くだらないことなのですが、善玉を減らすには、タバコの服用がいいということですが
これはどうでしょうか?(お酒 たばこをしないので)

お詳しい方 いらしたら アドバイスお願いいたします

閲覧数:
31,126
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

klosongsさん

2012/10/1119:38:26

日本動脈硬化学会では、次のように説明されています。

http://www.j-athero.org/qanda/q_and_A.html
Q6_HDL-コレステロール値が高い患者さんへはどの様に対応すれば
よいでしょうか?
(以下、抜粋です)
高HDL-コレステロール血症はHDL代謝に関与する酵素や蛋白の異常等に
より起こる症候群で、遺伝性のものとしてCETP欠損症、肝性リパーゼ
欠損症、二次性高 HDL-コレステロール血症として原発性胆汁性肝硬変に
合併する高HDL-コレステロール血症などがあります。CETP欠損症はわが国
の高HDL-コレステロール血症には極めて関係が深いと考えられます。
したがって、高HDL-コレステロール血症の患者を診た場合は成因を検索
し、CETP欠損症を疑う場合は狭心症の有無の聴取、負荷心電図、頸動脈超
音波検査などを施行することが望ましいと思われます。薬物療法に関して
一定の見解はありませんが、動脈硬化を合併する場合には他の危険因子の
軽減に努めることが大切です。

また、LDLコレステロールが低いことも気になります。

http://colesteo.com/hikui.html
低コレステロール
低コレステロール状態が続くと、細胞膜が壊れてガン細胞が発生
しやすくなり、脳出血を起こしやすくなるといわれています。
低コレステロール血症の場合には、バセドウ病などの甲状腺機能
亢進症や、肝機能障害などの病気が疑われます。
また食物の吸収不良や、栄養不良も原因といわれています。

HDLとLDLの両方を合わせて考えると、肝機能障害のおそれが
あります。一度、頸動脈超音波検査を受けてみてはどうでしょうか。
人間ドックを実施できる病院で実施している所があります。

質問した人からのコメント

2012/10/12 21:30:50

すぐに回答くださった方にベストアンサーとさせていただきました。
ありがとうございました

「ldlコレステロール 低い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

leo********さん

2012/10/1120:16:24

こんにちは。
HDLが高く、LDLが低いとのこと、普通だったらうらやましい事ですね。

お医者さんの言うとおり、
最近はHDLが高すぎるのは問題、、ということが分かってきています。
HDLそのものが悪い!と言うことではなく、
HDLを高くしているそもそもの原因のある人は、病気になりやすい、ということです。
その原因の一つに、CETP欠損症がありますが、これは動脈硬化になりやすいと言われています。

ですので、HDLが高いからダメ、ということではなく、HDLを高くしている原因があることがダメ、ということです。
原因をきちんと見極める先生にかかると良いでしょう。
将来のために、一度専門の内科を受診しておくと安心です。
大したことないといいですね。
ちなみに、タバコは絶対良い影響は与えませんので、これからも絶対吸わないようにしましょう。
毒のかたまりですよ~~。
動脈硬化・脳梗塞・糖尿病・高血圧の原因にも成りえます。こわい~。


http://www.j-athero.org/qanda/q_and_A.html
ここのサイトが分かりやすいです。(動脈硬化学会の公式サイト)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる