ここから本文です

フランクリン・ルーズベルトは太平洋戦争時、毛沢東についてはどう考えていたので...

kar********さん

2012/10/1606:35:40

フランクリン・ルーズベルトは太平洋戦争時、毛沢東についてはどう考えていたのでしょう?

閲覧数:
735
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i_jipanguさん

編集あり2012/10/2313:21:45

仮説ですがルーズベルトが共産主義者なら、毛沢東と裏でつるんでいたかもしれません。

フランクリンルーズベルトの母親サラ・デラノは、中国とアヘンを含む貿易を手広く行って財を為していた事もあり、親中派でした。
蒋介石の妻である宋美齢は、フランクリン・ルーズベルト大統領やその妻エレノアと親密な関係を構築し、アメリカからの有形無形の軍事援助を引き出し、日中戦争中から第二次世界大戦の初頭にかけて日本軍と対峙した「アメリカ合衆国義勇軍(フライング・タイガース)」の設立や中華民国空軍の近代化に大きく貢献しました。
つまり、真珠湾攻撃の前に、米国は間接的に日本と戦争をしていた事になります。
日本はABCD(米国,英国,中国,蘭)包囲網により石油の対日全面禁輸を受けました。これを解消すべく、アメリカと交渉を続けたが、アメリカ国務長官であるコーデル・ハルは、日本が到底受け入れる事の出来ない「ハルノート」を提出し、交渉が決裂しました。
このハルノートを作成したのは、元財務次官のハリー・デクスター・ホワイトで、ソ連のスパイ(コミンテルン国際共産主義)でした。
その時のルーズベルト大統領政権には300人以上のコミンテルンがいた事がヴェノナ文書により明らかになりました。
※ヴェノナ文書:アメリカは1940年からのコミンテルンとの無線傍受を37年かけて暗号を解読し、1980年に作成し、1995年に公開しました。
実際、前反共主義者であるフーバーは「日本はアジアにおける防共の砦」と言っていたが、ルーズベルトに政権交代するとソ連を国家承認しました。また、ルーズベルトは、労働組合の拡大促進、高所得者層への大幅増税など共産主義的な政策をした事を考えると、ルーズベルト自身が共産主義であった可能性もあります。
中国毛沢東共産党は、日本軍と蒋介石国民党を戦わせて、弱くなったところで中国全土を支配しようと考え、日本に繰り返し攻撃を仕掛けました。
一方、日本では、2・26事件後の広田弘毅内閣の時に蔵相だった馬場鍈一が軍事費3割増にし、それ以降増税を繰り返す事になりました。
盧溝橋事件の時、参謀本部第一部長だった石原莞爾は、対ソ警戒を理由に中国大陸での軍事行動に絶対反対しましたが、失脚してしまいました。
その当時の首相だった近衛文麿は強硬に軍事介入の必要性を訴えました。また、日独伊三国同盟によって英米を敵に回し、ソ連とは中立条約を結みました。
近衛文麿は東京帝国大学で哲学を学んだが、京都帝国大学法学部に転学し、マルクス経済学に傾倒した河上肇に学びました。現在では近衛の側近の多くは共産主義者であった事が分かっています。朝日新聞尾崎秀実がソ連のスパイ容疑で逮捕の四日後、近衛は政権を投げ出しました。
既に日米対立は決定的になっていた状態で引き継いだ、東條英樹陸軍大将が主相を事になります。

結果、日本が大東亜戦争を引き起こしたのではなく、米国と日本がコミンテルンの罠にかかり戦争が起こったという事になります。

詳細は、以下のページを参照して下さい。

[アメリカ人も知らない太平洋戦争の事実]
http://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM

[ハルノート 太平洋戦争]
http://www.youtube.com/watch?v=YR4zXcwrGlY

[ハルノートが作られる経緯その1]
http://www.youtube.com/watch?v=fR7PU0fMlBQ

[大東亜戦争の真実]
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0

[大東亜戦争に込められた想い]
http://www.youtube.com/watch?v=nD7dW2udqOA

[ユダヤとコミンテルン_日本が戦争に至った背景]
http://www.youtube.com/watch?v=9254tkUe8Hw

[近衛文麿の戦争責任]
http://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/38858821.html

[近衛文麿と日本を滅ぼした正義]
http://meinesache.seesaa.net/article/126812480.html

[アジアが愛した日本 アジアを愛した日本 歴史の真実]
http://www.youtube.com/watch?v=yFg2jjkxWkQ

[アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか]
http://www.youtube.com/watch?v=b4Y7Y62x9go

[共産主義者の大東亜戦争責任]
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs

[真実の近現代(日本史編)]
http://www.youtube.com/watch?v=hL6eEaqsu3Q
http://www.youtube.com/watch?v=-QXFMaziJ5M
http://www.youtube.com/watch?v=McUqrY0DGXI
http://www.youtube.com/watch?v=IiMdmjQ4CSQ
http://www.youtube.com/watch?v=4kkugdYQiMU
http://www.youtube.com/watch?v=TUbDt2qiH3E
http://www.youtube.com/watch?v=vo_cad8PQa0

[日本人が知ってはならない歴史]
http://www.youtube.com/watch?v=GWP4eoseFMU

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nak********さん

2012/10/1715:49:28

〇「毛沢東って誰?何者?」
と言う認識しか無かったでしょうね。
◇共産主義者はスターリンしか知らなかったと思いますよ。
◇ルーズベルト政権は米国史上初めて主要部署に米国共産党が浸透していた政権ですがコミンテルンとは連携していないので中国情勢は中国国民党以外は全て匪賊扱いでしょうね。

kif********さん

2012/10/1612:21:15

毛沢東と言うより共産主義はアメリカの資本主義・自由主義とは相容れないので、ルーズベルト(というよりもアメリカ政府)は戦争が終わったあと中国が共産党の支配下になることは避けたい、と思っていました。そのため戦前から国民党を支援してきましたが、この国民党がまったく使えない連中で、資金や武器をどれだけ援助しても延々と日本軍に負け続けたのです。アメリカが日本の本土を爆撃して日本に大きなダメージを与えていた戦争中盤以降に至っても、ひたすら負け続ける国民党にさすがにルーズベルトも愛想を尽かし、不本意ながら毛沢東と手を結びました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる