ここから本文です

喪中はがきについて。

kumiko0924さん

2012/10/1611:37:15

喪中はがきについて。

今年主人が亡くなったため、喪中のはがきを出そうと思っています。

主人は会社員だったため、お通夜・告別式に多くの会社の方が
参列してくれました。
もちろん、その中には毎年年賀状のやり取りをしている方もいらっしゃいました。
会社は死亡退職したので、これから会社の方とやり取りをすることは
ないと思いますので、喪中はがきは出さなくてもいいでしょうか?

知恵袋を拝見すると、
「喪を知らない相手に出す」
というようなことが書いてありましたが、
そうすると、お通夜・告別式に来ていただいた会社の方や
親類には出さなくていいということでしょうか?

私の前の職場の方・友達には誰一人知らせていなかったので
喪中はがきを出そうと思っています。

親戚のお通夜・告別式に参列しても、喪中はがきが来ていたので
親類には必要なんでしょうか?


あと、文面ですが、ありきたりの文面のほうがいいのでしょうか?
主に私の友達・全職場の上司達なので
自分の言葉で、逝去したことを伝えようかな?と思っています。

出す時期としては11月上旬にしようと思っています。

閲覧数:
10,029
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hisanori4142さん

2012/10/1612:03:53

> 「喪を知らない相手に出す」というようなことが書いてありました

まずこれは違います。
書状というものには全て意味と目的があります。では喪中ハガキの意味と目的は何でしょう?

喪中ハガキ=年賀欠礼状というのは「自分にとって大切な身内が亡くなったため新年を寿ぐような心理状態にありません。そのためしばらくは喪に服すこととし、年賀状の送付を欠礼させていただきます」というご挨拶状です。
これは「遺された者」が本来なら年賀状を送る相手に対して「今年はおめでとうって言える気分じゃないんだ」ということを表明するために送るものです。「不幸があったことを知らない人に送る」という訳ではありません。そうした目的を持った書状は「訃報」です。

> お通夜・告別式に来ていただいた会社の方や親類には出さなくていい

年賀欠礼状は訃報ではありませんから、葬儀に参加頂いた方に対しても送ります。
ただ家族、親戚など、書状以外の手段で「しばらくは喪に服しています」ということを共有できる関係であれば省略することもできるというだけです。

> 親戚のお通夜・告別式に参列しても、喪中はがきが来ていたので親類には必要なんでしょうか?

「双方喪に服していることが前提なら言わずもがな」というような認識ですか?
あくまで書状の意味、目的に立ち返って考えてみてください。「今年は喪に服します」というご挨拶は「誰某が亡くなりました」というものとは切り離して考えます。通常は年賀欠礼のご挨拶をします。

> ありきたりの文面のほうがいいのでしょうか? 主に私の友達・全職場の上司達なので自分の言葉で、逝去したことを伝えようかな?と思っています。

別に印刷業者で用意された文面でなければならないという話ではありません。差し出す相手に対してご自身の言葉で書くことが基本中の基本。いわゆる文例というのはそれぞれが自分の言葉で綴ってきた先人達の知恵の蓄積です。
…ただ「逝去したことを伝えようかな?」と考えているとすればこれは違います。
繰り返しますが、これは「訃報」ではないんです。あくまで「私が悲しいので年賀状を出しません」という表明です。
意味や目的が分からないまま「自分の言葉で書く」とかえって先方を混乱させることになりかねません。それはそれで失礼にあたります。

つまり基本的なところで勘違いをされていると問題です。
「訃報」というのは「亡くなった方と関係のあった方に、亡くなったことを知らせる目的で出す」もの。
「年賀欠礼状」というのは「その遺族と関係のあった方に、自分が喪に服していることを知らせる目的で出す」ものです。
この違いが整理できていないことから少々混乱した質問になっているように見受けられます。
「書状の意味・目的」の基本に則れば、「誰に出すか」「どのような文面で出すか」の整理は付くと思います。

質問した人からのコメント

2012/10/22 20:22:57

お二方ともありがとうございました。

喪中のはがきと訃報をごっちゃにしていました。
今回はっきりとわかりました。
いい年をしてお恥ずかしい限りです。
勉強になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/10/1611:57:36

一緒に働いていた方(既婚男性)が亡くなり、
葬儀にも出席しました。

奥様は葬儀後、
葬儀に参列した会社の人ひとりひとりに、
わざわざ直筆のお手紙(コピーですが)を出してくれました。
勿論喪中はがきも届きました。

亡くなった方とはそんなに係わりはありませんでしたが、
いい奥様だな…と思いました。
なので喪中はがきは出した方がいいと思います。

冠婚葬祭のマナーを見ると、
夫が亡くなった場合、出来る範囲の発送でいいそうですが、
できれば葬儀の会葬帳を元に、喪中はがきを出し、
もし万が一年賀状が届いた方へは「寒中見舞い」を出すのがいいそうです。

今後付き合いは無くとも、
ご主人様のご葬儀へ会葬されているので、
今後、お付き合いする、しないに関わらず
節目としてお出しになったほうが良いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。