ここから本文です

抗ヒスタミン剤について質問します。 中学生の娘が蕁麻疹のような発疹で10月...

wan********さん

2012/10/2308:57:16

抗ヒスタミン剤について質問します。

中学生の娘が蕁麻疹のような発疹で10月初めから抗ヒスタミン剤を
処方されています。セレスタミン配合錠と書いてあります。
セレスタミン剤は、割と強力なステロイドの

内服薬のようですが・・・セレスタミン配合錠もやはり強いお薬なの
でしょうか?最初に処方された弱めの抗ヒスタミン剤で効果がなかったので
医師が薬のレベルを少し上げましょうとセレスタミン配合錠を処方されました。
確かにこの薬で発疹は軽減しました。
しかし、治ったと思って処方された分を飲みきって終了したところ、再度
出てきて、再び投薬に戻りました。

長期間服用しても大丈夫でしょうか?
また、服用を終えた後のリバウンド?が気になりますが・・・。
もし、薬剤師さん、経験者、お医者様など詳しい方いらっしゃったら
アドバイス下さい。
ちなみに、初診は皮膚科で草負けと診断されロコイド軟膏のみ処方。
次に内科でおそらく何かのウイルスによる蕁麻疹か発疹と言われ
現在も内科にかかっています。

補足もう一つ教えてください。
セレスタミンとセレスタミン配合錠では、効果は違いますか?

現在処方されているのは配合錠の方で、1日3回毎食後の
服用です。

閲覧数:
17,428
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nsu********さん

編集あり2012/10/2313:40:45

セレスタミンはステロイド内服薬としては強力どころかいちばん弱い部類です。
確かにステロイドは入っていますが、どちらかと言うとステロイド剤と言うより抗ヒスタミン剤として扱われます。
花粉症などに多用されますが、内科の先生だと「強めの抗ヒスタミン剤」の感覚しか無いと思いますよ。
「ステロイドを処方」する病気だとセレスタミンより1桁多いくらいの量を使う事も普通にあります。

ステロイド内服薬は軟膏と違って飲めばほぼ100%吸収されるので、薬の強さではなく量で効果を調整します。
なので、一般にステロイド剤1錠の効果は薬の強さに関係なくだいたい同じになるように調整されています。

でもセレスタミンは例外で、普通のステロイド錠剤より少量のステロイドしか入っていません。
どちらかと言うと抗ヒスタミン剤の効果を助けるとか副作用を和らげるとかが目的ではないかと思います。

単純に換算はできませんが、セレスタミン1錠にはもっとも多用されるステロイド剤であるプレドニンの半分位の効果が見込まれる量のステロイドが入っています。
セレスタミンを1日何錠飲むかによりますが、1日1錠なら生涯でも大丈夫。 2錠以上を数か月続けたら慎重に徐々に減量する必要があります。
内服薬では「リバウンド」という概念は無いと思います。 薬を止めた結果症状が悪化するのは単なる再発とか増悪と言うだけです。

以上から、「ステロイド」という意味では心配不用でしょう。
発疹の原因がはっきりしないとなかなか効果的な治療はできませんが、こういうのは何か月も様子見になる事も多いです。
まだ発症して1か月にもならないので、もう少し様子見しても良いと思いますよ。

補足について=============
セレスタミンとセレスタミン配合錠は同じものです。
正確に言うと「セレスタミン配合錠」はMSDと言う製薬会社の商品名で、他のメーカーだと商品名は違います。

1日3錠だと、数週間続けたら徐々に減量する必要があるでしょう。
この辺のサジ加減は医師が充分承知していて、全身状態を見ながら調整します。 医師の基本中の基本ですから。。

質問した人からのコメント

2012/10/25 12:41:03

降参 ありがとうございました。
湿疹は消えましたが、若干の痒みが残っているようなのでもう一度内科を
昨日受診しました。医師が「もうしばらくは続けて大丈夫だから後4日出して
おきます」と言われました。
ご親切に参考になる回答をありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる