ここから本文です

法律の問題です。 Aは友人Bに所有地の売却を頼んだ。 適切な価格でということ...

ook********さん

2012/11/915:46:40

法律の問題です。


Aは友人Bに所有地の売却を頼んだ。 適切な価格でということだった。

Bは妻からウチで買いましょと言われ高い値段で自らと契約した。しかしAは承知しない。Bは高く買

ったのだからいいだろと主張する。どのように考えるべきか。

お願いします!

閲覧数:
85
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dre********さん

2012/11/916:01:58

AがBに土地売却についての代理権を与えていた場合、Bの行為は同一の法律行為について相手方の代理人となる「自己契約」となります。自己契約は本人と代理人の利益が相反するので、原則として禁止されています(民法108条本文)。
例外として、本人があらかじめ許諾した行為については自己契約も認められる(同条ただし書)ので、Bに売却することもあらかじめAが認めていたのであれば、Bの行為は有効な代理行為となり、売買契約が成立します。

Aが自己契約についてあらかじめ許諾していなかった場合、Bの行為は無権代理となるので、本人(A)の追認がない限り無効です(民法113条1項)。

質問した人からのコメント

2012/11/10 11:52:23

感謝 めっちゃ分かりやすい!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2012/11/917:00:54

Aが現に承知しない以上は追認のない自己契約となりますので無効です。

なんだか、問題のための問題ですね。安値で買い叩いたのであればいざ知らず、Aが承知しない理由はないと思いますけど。

もう一度仕切り直してAB間で売買契約をすればいいのでしょう。

tan********さん

2012/11/916:02:54

民法108条本文に抵触し、AB間の契約は無効です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる