ここから本文です

風呂に入ると疲れる という人が居ますがなぜ疲れるんですか?たいした入っても無い...

もっふもっふさん

2012/11/1010:08:26

風呂に入ると疲れる という人が居ますがなぜ疲れるんですか?たいした入っても無いのに

自分は2時間入っても疲れません
もちろん入りっ放しではなく、水風呂入ったり露天風呂の外でぐでーっとしたりサウナ入ったり
を繰り返してですが。

補足なるほど、では自分は体力があり代謝がよいのですね?

まあ多少のぼせることもありますがあんま気にしません
それぐらいが、いっぱい入ったなぁ~という満足感も得られます

閲覧数:
12,192
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/11/1021:51:58

入浴事故 【入浴中の心臓停止、脳血管障害、溺水、溺死】

入浴中の事故は交通事故よりも多い

高齢者の溺水のほとんどは入浴中の意識障害にともなう入浴事故に起因します。入浴中の死亡事故は年々増加傾向にあり(年間約14,000人※)、交通事故死(年間約10,000人前後)よりも多くみられます。
入浴中の急死・急病の原因は、心肺停止、脳血管障害、一過性意識障害(失神)、溺水・溺死とされます。入浴事故は冬期に、かつ寒冷地に多く、また心肺停止は自宅浴室での発生がほとんどで、人目の多い公衆浴場では認められていません。
入浴事故死はシャワー浴が主体の欧米では極めて少ないので、本邦に特有の入浴形式(浴槽につかる)が入浴中急病・急死の誘因と考えられています。
入浴中の事故死の増加の原因として、高齢者の人口比率の増加、核家族化の進行や内湯の普及といった社会的要因と、入浴にともなう循環動態や自律神経系の変化といった内的要因があげられます。
※東京救急協会「平成12年度 入浴事故防止対策調査研究の概要」より引用

人間の身体は、体温を常に一定にキープするように出来ていて、その調整を行っているのが自律神経。

で、体温よりも高いお湯に身体の広範囲が浸かることで、その入ってくる熱に対して体温が上がり過ぎないように、自律神経はフル稼働となり、これが疲労物質を発生させるらしい。

よく、入浴時間は20分くらいが良いと言われているのは、それが血液が全身を1周する時間であり、1周することで全身を温められるからであり、それ以上やるのはひたすら身体に疲労物質を増やしていくことになる。

入浴で疲労したことで睡眠が深くなり、結果、この疲労も取れれば、それは良い疲れ具合だったといえるらしいけど、

これが出来るのは、それなりに体力もあり代謝も良く健康な人。

なんらかの病気があったり、体力のない人は、入浴で疲労しすぎると、睡眠だけでは回復しきれず、細胞には疲労物質が残ってしまう。

この、身体の疲労というのもちょっと怖いのは、疲労が軽いうちは疲労してる自覚症状があるのに、それが日常的に行われ、重くなってくると、麻痺状態のようになって、疲労を感じなくなってくるらしい。

で、たまにたくさん寝た時に、寝すぎたかな?って思うくらい起きた時に身体がだるくて疲れた感じになるのは、

たくさんの睡眠で少し溜まっていた疲労物質が取れたことで、やっと「疲労」を知覚出来る状態になったためらしい。

質問した人からのコメント

2012/11/16 23:21:04

どうもです
健康っぽいやつもなんか長風呂できないのが居ますね
精神がたるんでるだけな気がします

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる