ここから本文です

「書いた」「書けた」

waz********さん

2012/11/1511:17:17

「書いた」「書けた」

全部書いた?(単に聞くだけ)
全部書けた(これは?)

原型を可能形にしたのはなぜですか?文法の一つなんですかこれ?

よく耳にしてるんです
意味はなんとなくわかるような感じですけど
詳しく説明してほしいです

閲覧数:
160
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yus********さん

2012/11/1511:24:07

書けない可能性があると思っていて、できたか確認するのが原意でしょうが、そんなこと考えずに、書いたと同意で言っていると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fon********さん

編集あり2012/11/1513:48:05

形は可能形ですが、完了の場合には“可能”ではなく“成就”、“達成”を意味する用法があり、お尋ねのケースはこちらに該当します。

「できる」という言葉で考えてみましょう。
1.「準備していたので、事故を避けることができた。」(成就)
2.「準備していれば、事故を避けることができた。」(可能)

1は、可能/不可能の問題ではありませんね。
実際に“避けおおせた”と言っています。
次の二つはどうでしょうか。
「当時は希望すれば誰でも受験できた。」
「特別な計らいのおかげで受験できた。」

動詞の可能形にも同じことが当てはまります。
「あいつの腹は読めた。」
「上手に書けたね。」
これは“可能”ではなく“成就”、“達成”なのです。

「全部書けた?」と「全部書いた?」の違いがお分かりいただけたのではないでしょうか。

蛇足:
「お分かりいただけた」の「いただけた」も、この場合、“成就”に該当します。

x6o********さん

2012/11/1512:10:20

そうですね!
ってどういう違いがありますか?ってつってんじゃろぼーけーいらわら

nom********さん

2012/11/1511:57:22

「書いた」=「書く」という動詞の終止形。 それを疑問符を付けて尋ねているんですよね。「書きましたか」ということです。
「書けた」=「書ける」、、「書くことが出来る」、、という可能の意味を持つ動詞の終止形です。「書けましたか」ということです。

>原型を可能形にしたのはなぜですか
動詞の「可能形」という活用はありません。「書け~」は「書く」の仮定形で「書け‐れば」となります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる