ここから本文です

社会福祉法人の事務をしているのですが、初めて補正予算を行うことになりました。 ...

lov********さん

2012/11/1912:56:22

社会福祉法人の事務をしているのですが、初めて補正予算を行うことになりました。
それで分からない点があるので、教えて頂きたいです。

①収入が予算を超えそうな場合でも、補正予算は必要でしょうか。
②当初、予備費を組んでおらず、補正予算で予備費を組もうと思っています。
補正予算で¥100,000を補正する科目があるのですが、決算で予備費を使うと仮定し、その科目は補正予算には入れないでおいても良いのでしょうか。
③私が働いている社会福祉法人の経理規程では、「中区分の勘定科目相互間において予算を流用することができる」とあるのですが、大科目が違っても流用しても良いのでしょうか。
例えば、人件費支出の役員報酬に事務費支出の雑費から流用は出来るのでしょうか。
詳しく書いていないので、どのように判断して良いのか分かりません。
一般的には、どうなのでしょうか。

閲覧数:
13,155
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2012/11/2610:51:03

予備費の使用に関しては,定款細則あたりで,専決事項として位置づけられており,理事会に報告することになっていると思います。
最終的に理事会の承認が必要なら,最初から補正を組んでおいた方がよいのではないでしょうか?

県の監査では,規程等に基づき指導されます。行政では,“予算がない=使えるお金がない”という解釈のようです。
会計士によると,予算超過が問題ではなく,超過した理由を分析し,今後にいかすことが一番重要だと言っていました。

お金を使い切らなければいけない精算する事業がある場合などのために,中区分のしばりを取るという方法もあります。

しかし,当初予算の比較予算は,最終補正予算となっているので,比較するためにも,なるべく決算額に近づける予算を計上するようにしています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる