株には、夢を託すという意味もあるのですか(・ω・`)

株には、夢を託すという意味もあるのですか(・ω・`)

補足

夢を託せるのは金持ちだけなのかよ(・ω・`) アマゾンのえらい人がロケット会社作ったじゃん(・ω・`)

株式217閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

それは塩漬け食らった高値掴みド素人ちゃん達の淡い希望

その他の回答(2件)

0

[ Boys, be ambitious. = 少年よ大志を抱け ] ア. 株式の原点と現代社会について 本来、株はその企業・会社を応援するために、資本提供としてお金を貸してあげる代わりにその証文として、株券が発行されます。そして、企業・会社が利益を上げた場合は、その礼金として配当金が支払われるものです。スエズ運河等の莫大な資本が必要とする事業が世界で行われていることを目の当たりにした当時の日本の視察団(渋沢栄一など)が、合本主義・資本主義経済をわが国に取り入れたことはあまりにも有名な伝記ですね・・・。 さて、時は流れ、平成の時代を迎え、インターネットが普及した社会となった今日、老若男女を問わずマネーゲーム的投資(デイトレーダー)が活発になりました。本来の株とは違った株取引が行われています。つまり、配当取得型の投資家から、短期利益追求型の投機家が派生し、ギャンブラーに陥る者までも見えられています。 こんな時代の株主の興味とは、外国資本ファンド筋主導の日本株式市場でいかに生き抜くかの知恵を身に付けることでしょうね・・・。 イ. 2・6・2の法則について イタリアの経済学者パレートが発見した所得分布の経験則で、パレートの法則というものがあります。これは、別名2・6・2の法則等とも言われ、マネージメント理論としても活用されています。 元々は、全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占めるという内容のものですが、今日では、さまざまな現象にも適用できると考えられ、様々なところで使われています。 「株には、夢を託すという意味もある」との意見に対して、正論を述べたり、賛成票を投じる者が20%存在する。関心を示さなかったり、どうでもいいこととして捉える傍観者的立場の者が60%存在する。反対意見を述べたり、侮辱したり、下衆の極みとも言える発言をする者も20%存在する。というものです。 つまり、世の中には色々な人がいます。三者三様、十人十色、百人百様なのですよ・・・。

0

僕にとっては夢ではなく現実の収入を確保する手段です。給料を補完するためのね。