ミドルクラスの人気の無さ、リッターバイクの魔力?

ミドルクラスの人気の無さ、リッターバイクの魔力? リッターバイクは持て余すようです。 でも、何故か無性に乗りたくなる 対してミドルクラスは、日本ではちょうど良いなど、絶賛の声は多いです。 でも、全然人気がない。 やっぱり、ミドルクラスのバイクは、妥協の産物になりますか? なぜ人気がないのでしょう?

補足

すみません、ここで言うミドルクラスと言えば、大型バイクで1000cc未満の事です。 ER-6nとか、CBR600RRとか、XT660テネレとか……。 人気あります? ヨーロッパでバカ売れしたらしいER-6nとか、ほんの数回しか見たことないです。 600クラスのSSも、ストリートファイターも、ツアラーも、ビッグオフで何でも良いですが、見つけただけでオォーッってなりません!? 逆輸入しかないのも原因でしょうけど、リッターバイクの逆輸入は売れてるので。

バイク12,624閲覧

ベストアンサー

2

舌切り雀のハナシといっしょで、小さい箱と大きい箱「どちらが欲しい?」と聞かれれば、例外はあれど大多数は大きいほうを選ぶでしょう。 福袋で大きいのと小さいの、値段があまり変わらなければ大きいほうを選ぶでしょう。 欲張り婆さんの姿は我々人間の煩悩の投影です。 私自身も含め、結局はそこに集約するとおもう。 90年代前半でエンジンの出力にフレームやブレーキが追いつき、それまでモンスターと呼ばれていたリッターオーバーが格段に扱いやすくなったこと。以前に比べ軽量コンパクトになったこと。 逆輸入のポピュラー化。免許制度の改正。排気量や馬力の規制撤廃。 これらによりリッターオーバーが身近になったとき、初心者以外が見栄や欲望を抑えあえて小さいほうを選ぶのは、かなりの見識を有する行為。 日常のしがらみを全て振り切り捨て去るようなリッターバイクの加速は、たしかに麻薬的なものがあります。 ちなみに私は今、650クラスに乗っています。 リッター車ばかりのツーリング仲間から「なんでこんなの買ったの?」と不思議がられました。(皆、バイク暦40年以上の人ばかりです) でも、そのあとボソッと「ホントはこんなのでいいんだろうけどなぁ~」とつぶやいていました。 それが本音だとおもいますよ。 私も四半世紀ほど煩悩に苛まれていましたが、なんとか捨てることができそうです。(無理かな?) もう少し国内仕様が充実し、値段的な折り合いや買い得感が出れば、食指を伸ばす人も増えるでしょうね。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やっぱりせっかくなら、大きいバイクに乗りたいですよね(/ω\) 私の仲間内では、リッターバイクはオヤジくさい、鈍重、というイメージで乗りたがる人は少ないのですが……。 世代によってなのか、私の仲間内だけなのか、皆さんのミドルクラスへのイメージが、私のイメージとずいぶん違っていたので楽しかったです。

お礼日時:2012/12/2 22:11

その他の回答(9件)

1

ミドルクラスのSSなんか乗ってる人を見ると、「この人相当できるんじゃないかな」と思ってしまいます。 おっしゃる通り日本ではちょうどいいし、おそらく上手く乗れば一番速く走れるバイクだと思います。 ただその「できる人」が少ないってことじゃないでしょうか。 私なんかも「どうせならリッター越えで」なんて気持ちでバイクを選んでしまっていますので(笑)貧乏症と言うか日本人気質言うか。 まあNC700なんかはまた別でしょうけど、CBRやGSXは玄人向け・・・って感じがします。ジムカーナなんかでガンガン走ってるとか。

1人がナイス!しています

1

オフ車乗りやシングル好きには関係ない話。 750cc位まではミドルクラスですかね、 人気が無いとも思えないけど。 あなたが大型にしか興味がないだけでは? 補足 : YZF-6FとかW650とかよく見ますよ。 でもビックオフは出してほしいなぁとは思います。 XR650とかKLX650とか国内仕様で。 出しても売れないんでしょうね・・・。

1人がナイス!しています

4

だって免許もおんなじ。値段もそんなに変わんない手が届く差。任意保険料も一緒。。 だったら、大きいほうが得のような気もするし、速く走れるような気もする。 ミドルクラスは、一度リッタークラスに乗って持て余すことがわかった人が戻ってくる需要が多いのかもしれないですね。。 自分も SUZUKI GSX-R1000 L0 持て余し気味。 New KAWASAKI ZX-6R がほしいです。。。

4人がナイス!しています

3

ここでいうミドルクラスってどのクラスなんですかね? 400だと国内の免許制度による妥協の産物と言えますが、600~700クラスになるとその車格に見合った排気量ということでベストなバイクだと思いますよ。 自動車でいえば5ナンバークラスですかね。その日本の道路事情に適していると思われるサイズに様々な用途にあわせていろんなジャンルのバイクが存在します。 免許が買えない時代は、どうしても国内排気量枠一杯の750クラスや、それ以上の排気量に人気が集中しましたが、現在のように簡単に免許が取得できる時代になってからは、自分の用途や身の丈にあったバイクを選ぶ人も増えてきました。 一部の車両を除けば、600~700クラスも決して安くは無いのに買う人は増えてきてますね。 だいたい普通のこのクラスは車体価格が70~120万程度です。もう少し出せばリッタークラスが買えるのですが、最近は大型の2代目3代目購入という人を中心に、このクラスに人気が出ているように思います。 私は以前リッタークラスに乗ってましたが、半分も使えないパワーにストレスを感じ、この600~700クラスに乗り換えました。 常用域でだいたい半分以上のパワーを使います。さらに上のパワーも使うこともありますが、常用域で充分楽しめるバイクです。 なお、このクラスはマルチよりツインのほうがより楽しめると思います。

3人がナイス!しています

0

書き直し。600クラスが日本では売れない?そんな事はないな、そろそろ売れてもいい頃だと俺は思う。《補足》俺は2ストロークをずっと乗り継ぎ、マッハやRZV500RやRG500Γに乗ってきた。トロい4ストロークが嫌いなので、その後TRX850を2台乗り継ぎ、今はやむを得ず隼に乗っている。1000ccの4気筒は15年前はトルク不足に感じて、チューニングした500Γより遅く感じた。で、ツインにした、ドゥカティのパクリだったが、気難しい916よりはましだった。また、俺はダート屋なので、250クラスのオフロードバイクに長く乗っていて、これでライディングテクニックを覚えていった。今の日本に足りないものは500クラスのシングルスポーツ。80年代のジレラサトゥルノやベルガルタヤマハのSZR660、ビモータスーパーモノ。このクラスはそろそろ売れてもいい頃。成熟した市場にしか合わない。シングルはどうしても安物として見られてしまう。精密バランスを取ったDOHC4バルブ、600ccロングストロークのエンジンをアルミトラスフレームに積んで、装備重量120kgま、ベルティマーティのロードスポーツ版と言った所ですかね?そして、4気筒?ケチ臭いこと言わないで、500ccV8-DOHC32バルブ、2万回転回してカミソリハンドリングの超絶スポーツ、そう、丸いピストンのNR、ローギアードのファイナルに超クロスの8速ミッション。カーボンファイバーのモノコックボディかな。こう言うのをホンダは盆栽バイクだと揶揄するが、お前さんとこの、モンキーゴリラエイプこそ盆栽だから笑ってしまう。鈴鹿で見た、ウルトラコンパクトなNRの姿と果敢に走らせる片山の姿が忘れられない。車の世界では1000psなんて当たり前、2500ps何て言うモンスターが居るくらい。バイクでは?あ、ブリッテンが市販されてたら欲しかったなあ。バブルの頃だから、500万円位だったら買えたかも知れない。