ここから本文です

家の表題登記で押し入れは床面積に入るのでしょうか。 一般的な押し入れは棚状に...

hhtt418さん

2012/11/2620:13:28

家の表題登記で押し入れは床面積に入るのでしょうか。
一般的な押し入れは棚状になっていて、上下段に分かれていますが、それぞれの高さが1.5m未満ならば床面積には含まれないのでしょうか。

また、下段が1.5m未満、上段が1.5m以上ならば床面積に含まれ、上下段ともに1.5m以上ならば上段は2階部分の床面積として算出される。
この考え方で正しいでしょうか。

閲覧数:
4,340
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hennex_outさん

2012/11/2705:15:16

不動産登記事務取扱手続準則第82条(建物の床面積の定め方)
建物の床面積は,規則第115条に定めるところによるほか,次に掲げるところにより定めるものとする。
一 天井の高さ1.5メートル未満の地階及び屋階(特殊階)は,床面積に算入しない。ただし,1室の一部が天井の高さ1.5メートル未満であっても,その部分は,当該1室の面積に算入する。
二 停車場の上屋を有する乗降場及び荷物積卸場の床面積は,その上屋の占める部分の乗降場及び荷物積卸場の面積により計算する。
三 野球場,競馬場又はこれらに類する施設の観覧席は,屋根の設備のある部分の面積を床面積として計算する。
四 地下停車場,地下駐車場及び地下街の建物の床面積は,壁又は柱等により区画された部分の面積により定める。ただし,常時一般に開放されている通路及び階段の部分を除く。
五 停車場の地下道設備(地下停車場のものを含む。)は,床面積に算入しない。
六 階段室,エレベーター室又はこれに準ずるものは,床を有するものとみなして各階の床面積に算入する。
七 建物に附属する屋外の階段は,床面積に算入しない。
八 建物の一部が上階まで吹抜になっている場合には,その吹抜の部分は,上階の床面積に算入しない。
九 柱又は壁が傾斜している場合の床面積は,各階の床面の接着する壁その他の区画の中心線で囲まれた部分による。
十 建物の内部に煙突又はダストシュートがある場合(その一部が外側に及んでいるものを含む。)には,その部分は各階の床面積に算入し,外側にあるときは算入しない。
十一 出窓は,その高さ1.5メートル以上のものでその下部が床面と同一の高さにあるものに限り,床面積に算入する。

最近、ほとんど同様の質問があり同じことを回答しましたが、上記条文が根拠条文。
まず、この条文は床面積の定め方であって、階数の定め方は一切書かれていません。
主として1号と11号のことだと思われるが、まず1号は「地階・屋階(特殊階)」という前提がある。つまり、階層について前提がなされてしまっているので、階数を区別する記述はない。
ここでいう地階とは、1階と区別される地下階層のことで、屋階とは小屋裏階層のこと。特殊階とは、例えば1階と2階の間にある階層で、建築基準法などにより、1階にも2階にも属さない階層として明確に設計されているものを言う。
11号は読まれたら理解できると思う。
つまり、天井高については各階層のことを指しており、居室や収納などを個別で判断するものではないということです。

質問した人からのコメント

2012/11/27 16:18:51

よくわかりました。ありがとうございました。
echo68sunさんもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

echo68sunさん

2012/11/2715:31:45

一般的な押入れは床面積に参入します。
その押入れが1階にあるなら1階の床面積に参入されます。
2階にその様押入れがあるなら2階の床面積に参入。
また、一般j的な2階建て建物でその様に1階の押入れを参入しなかったなら、その上の部分
2階がのっているならその部分が宙ぶらりんになってしまいます。・・・
1.5m云々は、利用できない・利用するには無理があるという観点で出窓や蓄熱式暖房設備のための特殊な地袋などの想定です。
・・・俗に言うデッドスペースを床面積へ参入するか否かでの規定です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。