ここから本文です

家族カテの主婦が、「夫が主婦業の辛さを理解しない」と主張することについて。

ksdfdfd_trtrさん

2012/11/2719:47:47

家族カテの主婦が、「夫が主婦業の辛さを理解しない」と主張することについて。

私は仕事もやり家事もやっている者なのですが、家族カテで、たまに愚痴をこぼしている主婦の人たちを見ると、彼女たちは勘違いをしてると感じます。

一日中働いていて、特に育児のときなんて精神的にギリギリだから、夫も手伝いなさい、理解しなさい、といったことをネットで主婦層が主張しています。


どうも、主婦層は、
会社員をやっている人が、
帰宅したら、食事したり、眠ったりしてる姿しか見てないので、
「のんきなもんだ」
と、何か、誤解してないですか?

それと、女性も含め外で働いている人が、
ストレスがゼロだとか、
病気や精神病や障害を持っていなくて、
健康で、体が頑丈で、なんでもできて強い人たちだと勘違いしてないですか?

職場いじめ、自殺、とかも聞いたことがないんですか?


ネットで主婦層は、
「主婦は精神的にストレスを持っている」
「産後は女性ホルモンのバランスが崩れてどうとか」って、
すぐに言いますが、
私がいた会社では、男性社員が入院したり、自殺したり、突然死したり、
過労が原因で難聴になったのもいるし、
うつ病になって、1年休業した例もあります。
無論、管理職の女性社員でもそれはありました。



だから、逆に、ずっと家にいる主婦こそ、外の世界の競争社会とか仕事内容のむずかしさとか、そういうのも理解してる上で、「主婦の大変さを理解しなさい!」と、言っているの?


特に、男の場合は、
虚弱体質で生まれてしまっても、

『男に生まれたから、専業主夫にさせて』

とは、言えないし、できないんだよ。


私もだし、きっと他の男性たちもそうだと思いますが、会社や仕事関係であった嫌なことは、基本、家にずっといる人に話しても仕方ないと思うので、あまり愚痴ったり、話したりしない場合も多いです。


とくに、男性たちは話しません。


女性たちみたいに、愚痴らないから、帰宅してくつろいでるみたいだから、仕事のことも愚痴らないから、といって、悩みがないのではないのです。



自己解決しようと思っていたり、
妻に話しても、仕事内容をわかってもらえないだろうし、
妻が会社に来て手伝えるのでもないし、
だから、あえて話さない、というのがあるんです。

そういう精神状態なのに、
横から、

「ほ~ら、私は家事育児を貴方のために、こ~んなに頑張ってるのよ!ねぎらいなさい!手伝いなさい!理解しなさい!」

って言われても、すれ違うのは当たり前だと思いません?


悩みに対する対処法や、やってることが違うんです。

補足夫が、出世をあきらめる部署に移って
午後五時には帰路につくようにさせ、
夫に家事育児を手伝わせれば、夫婦が共感しあえますが、
そのかわり、夫の給料UPも出世もあきらめることになります。

夫が分かってくれない!

と、愚痴る主婦たちは、一体、何を望んでるのでしょうか?


教えてください。

閲覧数:
991
回答数:
16

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jfxv111gさん

2012/11/2719:57:55

賛同します。



家事の価値は仕事の二時間分くらいです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aobanorinoriさん

2012/12/413:43:49

そういう主婦たちは自分の幸せのみ考えており、夫婦での苦労をしたくないのでしょうね?

全部主婦のせいではないとも思いますが、例えば結果と原因は比例するように。 今置かれている自分の現状はすべてが自分が作った産物ですので文句を言う主婦に仕立て上げた、旦那にも責任があるとおもいます。
又その反対もあります。

大事なのは世界を見る事です。自分の身の回りの小さな状況だけでなく、自分のエリア外の事も把握することが大事であり、文句を言う主婦は旦那の生活環境を知ることが大事でしょう。又妻の生活エリアを把握する事も夫は大事ですが、何にせよ相手の事を責めるだけの人は自分の不利益の事しか考えていないのでしょうね・・・

mayu_vvv777さん

2012/12/401:47:20

主婦っていっても、子供がいるのといないのとでは大違いですよ。
私は結婚前まではハードな営業職。
結婚後に専業主婦になり、今は未就学児がいます。
子供が出来るまでは主婦は大変だとは思いませんでした。
割とゆったりしてました。

子供が出来て、歩くようになってからはかなり大変です。
仕事は仕事で大変なのは分かります。ただ、家事育児は家事育児で別のきつさがあります。子供の性格にもよると思いますが。
家事って本当に面倒ですよ。大型連休の間、炊事洗濯を毎日毎日担当されたらよく分かると思います。 私も仕事してた時は、毎日朝から夜中コースでした。少し体を壊した事もあります。でもやりがいはありましたよ~給料もらえるし、色んな方と交流出来て、刺激もあるし、毎日完全燃焼!って感じでした。で、帰って来たらご飯が用意されてて、それが当たり前の時は何も思わなかったけど、自分でするようになって、なんだか毎日毎日・・虚しい作業・・・と思いました。はっきりいって楽しくないです。プラス子供がいると、戦場に変わりました。これは毎日毎日継続してやってみないと理解出来ないと思いますよ。ちなみに主人に、私があなたより稼ぐから主婦にならない?と聞いたら【家事は嫌】と言ってました。家事って男の人が想像するより嫌なもんですよ。したいと思いますか?
家事も仕事であると、男性がよく理解してあげたら主婦も文句タラタラ言わないと思います。夫婦2人が揃った時には、家事を分け合うのも普通の事だと思いますし、【男は稼いでるから!女が家事専門だ】という言い訳は今の時代は通用しないのでは?

rozarita_h25さん

2012/11/2915:14:33

どちらも変ですね。
「育児・家事を夫も手伝うべきだ」と主張する主婦に主婦たちが加勢し、「外で働くことの方が大変」と主張する男に男たちが加勢する。
そもそも、主婦と夫が、女と男が「どっちが正論か?」みたいに対立していること自体が変。
夫婦なら、それぞれの夫婦で話し合うなり協力し合うなり、思いやりを持った行動をすればいい話。
基本は「出来る方が出来ることをやる」でいいのでは?
2人きりの夫婦なんだから、どっちが正しいとかではなく、お互いが平和で楽しい家庭になるように考えながら生活していければいいですね。

2012/11/2910:24:43

仕事もやり、家事もやってます。
死ぬまでこのままの予定です。

>専業主夫にさせて 言えないし、できないんだよ

言えばいいと思いますし、すればいいと思います。
言わなきゃどんどん言いにくくなるし、言ってなんらかの攻撃を受けるならそれに迎え撃つ盾を用意すべきです。
男女平等をうたい、女性の権利があがっていく…男性も戦わなくてどうするんでしょうか?
男性も「専業主婦という言葉があるから男性がなりにくいんだ!男性でも通じるように漢字を変えろ!」と怒ってもいいのでは?
プライドに縛られて損しているのもおかしな話です。
女性に「男のくせに!」と言われても負けなければいいでんですよ、女性も「女のくせに!」と言われてきてるんですし。


>自己解決しようと思っていたり、
>妻に話しても、仕事内容をわかってもらえないだろうし、
>妻が会社に来て手伝えるのでもないし、

言えば妻サイドもなんらかの対応をすると思うんです。
大変なのにいつもありがとう!だとか、私も頑張らなきゃ!だとか。
言っても何もしないクズはおいといてですけどね。
頑張っているところって言うのは見せなきゃ伝わらないものです。
「こんなに頑張ってるのにそれとなく察してくれない!!」って駄々こねてもしかたないです。
愚痴は行きすぎればもちろん悪いことになりますが、ほどほどの愚痴ならば頑張っているというアピールになると思います。
促すことは大事ですよ、思いやりの強要も如何なものでしょうか。
お互いさまなのかもしれません。


といいつつも、私も専業の方が仕事を旦那に押し付けるのはいかがかと思います。
思いやりがあればそれでもいいかもしれませんが、基本は自分でやると言うスタンスでいないと、いつか嫌われてしまいますよね。

roy051218さん

2012/11/2902:55:42

愚痴る彼女たちが勘違いなのではなく、彼女たちの夫が
フォロー不足なんだと思います。

私も育児のために5年ほど専業主婦後に
現在はフルタイムで働いている、三人の子どもがいる主婦です。

愚痴と言っても、会社でも
「あ~仕事終わらないよ~」
「〇〇さん、もっとしっかりしてくれないか~」
のように、ちょっと愚痴りたいときってありますよね。
それは単に、大した内容のないちょっとした愚痴。
こういう「ちょっとした愚痴」って、人間なら誰でもあること。

もう一つは、質問者様の話題の中心である
「夫が主婦業の辛さを理解しない」を本気で愚痴る人。
こういう人たちは、「本当に辛い」んです。
何が辛いって、評価の対象である夫が、妻であるその人を
全く評価していないからです。

会社や職場での退職理由を調べると、「対人関係」が
一番多いそうですね。
もちろん同僚や部下とのトラブルもあるでしょうが
「上司が自分を正当に評価してくれない」
という訴えは、かなりあるそうです。
正当な評価とは、昇進や年収、希望部署への配置など
その人のこだわりがあるでしょう。
それだけに、なかなか難しい所です。

「本当に辛い」専業主婦というのは、まさにここです。
専業主婦の評価とは、夫以外にいないのです。
その夫が、妻に無関心であったり、検討違いな
接し方をしていれば・・・職場関係とはまた違う
人間関係の中で、女性はそのうちループにハマっていくものです。

社会に出ていれば、少なくとも自己主張の機会はあるし
ディスカッションを学ぶこともあるでしょう。
職場で、協力会社、顧客とのコミュニケーションは必須です。
しかし主婦って、ホントにその機会がない。
ですから、社会の前線にいる夫と、自分のことについて
主張しようとしたって、なかなか無理があります。

でも、夫が家事をしなくても、育児をしなくても、
とても満足している主婦は大勢います。
そういうご家庭は、夫のフォローと、妻の気配りが
しっかり出来たご家庭なんだと思います。

こうした愚痴を言う妻は、夫が全てを手伝えばいいとは
あまり思ってはいないはず。
ただ、主婦なりの「評価」が欲しいんです。

「お客様の笑顔が一番の喜びです」
という、どこぞの企業のキャッチフレーズがありますよね。
あれですよ。

「ご飯よ」「ん・・・」と新聞を読みながら、テレビを見ながら
ぼーっと食べるのではなく、
「お、今日はおかずが一品多いな」とか
「から揚げ、食べたかったんだよな~嬉しいな~」
の一言で、主婦の愚痴は半分に減りますよ。

仕事で疲れているのに、妻の機嫌まで取れるか!
なんて言う男性はダメ。
妻の機嫌を取ってこそ、家庭が上手く行ってこそ
仕事にも張りが出るものだと思います。
奥さんも、ご主人の気遣いがあってこそ、
一緒に人生を歩んでいこうと頑張ってくれるはず。

夫婦の事は、どちらかがどうのこうの、ではないと思います。
お互いがお互いを尊重し合える関係が夫婦なのですから、
奥さんが不満たっぷりなら、ご主人がちょっと気を付けてあげてほしいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。