ここから本文です

MLB(メジャーリーグ)95~05年あたりでの名バッターを挙げてください

gui********さん

2012/11/2818:19:20

MLB(メジャーリーグ)95~05年あたりでの名バッターを挙げてください

バリーボンズ、サミーソーサ、マークマグワイアをはじめ、
トニーグウィン、ケングリフィーJr、ゲーリーシェフィールド、
デレクジーター、バーニウィリアムズ、カルロスデルガド、ブラディミールゲレーロ、
トッドヘルトン、ラファエルパルメイロ、マニーラミレス、マイクピアザ、ノーマガルシアパーラ、ジェフケント、イチロー
などなど枚挙に暇がないほどの伝説のスラッガー、強打者を生み出した95~05
あたりで、個人的にこの打者は魅力的だった!というものを複数でも結構なので挙げてください。
またその理由もあるならばそれも教えてください。

例、シェフィールドのハイスピード、力任せにぶん回すバッティングが好きだった。
超神経質だけど、三拍子揃ったガルシアパーラが好きだった、
など

閲覧数:
634
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/11/2819:24:14

その時期の選手だとクレイグ・ビジオは非常に魅力的でした。
3000安打400盗塁を達成しており殿堂入りは確実ですが、そこそこの高打率と高出塁率、パワーもあって二塁打を量産し本塁打も20本前後打てる、おまけにスピードがあり守備もいい。
タイトルをとるようなタイプではありませんが、二塁手としてほとんど弱点が見当たりません。
なにより彼には数字には現れない魅力がありました。
人柄はもちろんのことですし、移籍の多いMLBだからこそ彼のような生涯一球団でプレーし続けたフランチャイズプレイヤーというのは本当に魅力的ですよね。
私はビジオは理想的な二塁手だと思っています。

そしてもう一人、ビジオと同じくアストロズ一筋でプレーしたジェフ・バグウェルも魅力的です。
残した数字が超一流であるのはもちろんのことながら、独特のバッティグフォームや一塁手でありながら30盗塁を二度も記録してしまう少し意外な面も面白いです。

私はMLBを見始めてから特に移籍せずに過ごすフランチャイズプレイヤーに惹かれます。
特にアストロズのレジェンドであるこの二人は大好きですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2012/12/212:44:34

マリナーズでクリンナップを組んでいた、エドガー・マルティネスとジョン・オルルッドのどっしり&ひょろひょろコンビですかね。
左右違いますが打者としてのタイプは似ていて、アベレージタイプかつ耐久型。

見ているこっちがやきもきするほど(笑) 二人ともボール球は振らない、ストライクでも待ってない球は振らない、際どいコースも振らない、とにかくバッテリーの思惑に乗らない、でも甘い球は仕留める…そんな感じでした。

オルルッドはシングルが多めだけど、侮って内角高めに投げようものならライトスタンドへライナーでグサリってケースが好みでしたね。
エドガーについては見た目と雰囲気とバッティングがマッチしすぎていて、どっしり型。チームメイトからも尊敬される背中で語る男であったかもしれませんが、それと同時に背中で打つ男って感じでしたね。うん、ちょっと自分でも何言ってるかわかりませんね。

最近、耐久型扇風機は多いけど、耐久型アベレージヒッターって少ない気がして、懐かしく感じています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる