ここから本文です

ドライバーのフェース面のスコアライン(溝)って、有る無しで打球の特性に差は出...

walnutonapplepieさん

2012/12/119:51:11

ドライバーのフェース面のスコアライン(溝)って、有る無しで打球の特性に差は出るものでしょうか?

閲覧数:
1,547
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohtaengelsさん

編集あり2012/12/121:13:19

10数年前までのチタンドライバーは、ちゃんと溝がありましたね。
雨の日でも排水性を高め、適切なスピンがかかりやすいように(水でスリップしスピン量が減ってドロップしないように)ですね。
フェイスのトランポリン効果が注目され始めてから、フェイスの溝が無くなったような気がします。高反発規制にかからないギリギリの厚さにしているでしょうから、強度的にも溝が切れないんだと思います。

ある程度以上のヘッドスピードになると、真っ平のフェイスの方が密着度(摩擦)が高まって、スピンはかかりやすいそうですね。アプローチ(ヘッドスピードが遅い時)やラフ、バンカーで、溝の角によってスピンをかけたり、溝で砂を排出して密着度を高めることが、メインの役割になるそうです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

d_l_george3さん

2012/12/120:05:39

スコアラインは本来、フェースとボールの間に挟まった水分や草とかを排除して、摩擦力を維持するためのものです。
ウエッジなんかは接触角度が急でスリップしやすいので意義はあると思います。
ドライバーは草と言うことはあまり考えられませんし、ロフトも立っていますので影響は少ないかと。でも、雨の時の水分は少し影響するかも知れません。雨の時はバックスピン不足でドロップすることもありますので。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。