ここから本文です

ファンド会社の貸倒引当金計上方法

red********さん

2012/12/201:00:25

ファンド会社の貸倒引当金計上方法

不良債権を買い取ったファンド会社の貸倒引当金は、どのように計算されるのでしょうか?

簡便化すれば、債権額=融資額なら、 債権×貸倒実績率 です。
でもファンド会社は、債権額と債権の買取価格はちがいます。
ファンド会社の貸倒引当金は、どのように計算されるのでしょうか?
また、100億の債権を10億でかった場合、貸倒実績率=60%とし、引当金60億としても
それで収まれば、実質、30億も儲かってしまいます。想定通り90億損しても、実質損なし。
資本は痛みません。

それとも10億でかった債権の資産価値は、100億で貸倒引当金で、たとえば60億計上し、資産は実質40億円となるのでしょうか?その場合、負債なしとすれば、資本は調達した購入資金=10億・・・30億はどのように計上されるのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
381
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moz********さん

2012/12/211:31:08

10億で買った債権は10億円で資産計上します。
これは、金融商品会計基準に次のように「債権の貸借対照表価額は取得価額」と定められているからです。

14. 受取手形、売掛金、貸付金その他の債権の貸借対照表価額は、取得価額から貸倒見積高に基づいて算定された貸倒引当金を控除した金額とする。ただし、債権を債権金額より低い価額又は高い価額で取得した場合において、取得価額と債権金額との差額の性格が金利の調整と認められるときは、償却原価法 (注5) に基づいて算定された価額から貸倒見積高に基づいて算定された貸倒引当金を控除した金額としなければならない。

68. 一般的に、金銭債権については、活発な市場がない場合が多い。このうち、受取手形や売掛金は、通常、短期的に決済されることが予定されており、帳簿価額が時価に近似しているものと考えられ、また、貸付金等の債権は、時価を容易に入手できない場合や売却することを意図していない場合が少なくないと考えられるので、金銭債権については、原則として時価評価は行わないこととした。一方、債権の取得においては、債権金額と取得価額とが異なる場合がある。この差異が金利の調整であると認められる場合には、金利相当額を適切に各期の財務諸表に反映させることが必要である。したがって、債権については、償却原価法を適用することとし、当該加減額は受取利息に含めて処理することとした。なお、債務者の財政状態及び経営成績の悪化等による債権の実質価額の減少については、別途、「Ⅴ.貸倒見積高の算定」において取り扱うこととした(第14項、第27項及び第28項参照)。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる