ここから本文です

銀行の住宅ローン金利が「過去最低」だからマンションを買う人は増えますか? 都...

sin********さん

2012/12/216:26:09

銀行の住宅ローン金利が「過去最低」だからマンションを買う人は増えますか?
都心のタワーマンションなど・・・
どうよ?


JーCASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/12/01156309.html

銀行の住宅ローン金利「過去最低」
消費増税前の「駆け込み建築需要」は起きるのか
2012/12/ 1 13:00


大手銀行が2012年12月から、住宅ローン金利を一斉に引き下げる。最初の10年間が固定の最優遇金利はメガバンクや、りそな銀行が年1.3%、三井住友信託銀行が年1.15%と、過去最低の水準だ。

消費税率が現在の5%から2014年4月に8%、15年10月には10%に、段階的に引き上げられる予定で、その「駆け込み需要」を狙ってセールスをかけるところも出てきた。

銀行にとっては不動産関連だけが有望分野
メガバンクなどの12月の住宅ローン金利は、足もとの長期金利が年0.710%と約9年ぶりの水準まで低下していることにあわせた動きで、0.05ポイント引き下げる。

住宅ローン金利はほぼ下限まで下がっていて、金利競争では他行と差別化しづらい。そのため、繰り上げ返済をやりやすくするサービスや、収入が減ったり、健康を損ねたりしたときにも返済しやすいような商品を取り揃えた。

狙いは、家計の支出をできるだけ抑えようと、早めに住宅購入に走る「駆け込み需要」にある。

2014年4月からの消費増税は、それによる影響を考慮して1997年のときと同様に、増税となる日の6か月前の前日までに締結した請負契約の工事については、物件の引き渡し日が増税実施以降でも改正前の税率が適用される、「経過措置」を設けている。

つまり、2013年9月30日までに契約を締結すれば、引き渡し日が14年4月1日以降でも消費税率は5%でよいのだ。

ただし、建売り住宅や分譲マンションは、「引き渡し日」で税率が決まるので、経過措置は適用されない。

消費税の引き上げは2年先のこととはいえ、「大きな買い物」だけに消費者もじっくり考えて物件を選ぶ。銀行が今から準備しても遅いことはなく、「先手先手で顧客を囲い込む」狙いがある。

また、みずほ証券チーフ不動産アナリストの石澤卓志氏は、「最近の不動産市場はマンション価格などで上昇気配があります。景気悪化で資金需要が見込めない中にあって、銀行にとっては個人を含め不動産関連だけが有望分野という事情もあります」と、説明する。

石澤氏は、「駆け込み需要のピークは14年1月以降になるでしょう」と予測する。


住宅販売の現場は消費増税が「切り札」になる


では、肝心の「駆け込み需要」はどの程度あるのだろう――。みずほ証券の石澤卓志氏は「住宅メーカーは冷静ですよ」という。住宅メー

閲覧数:
1,218
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kap********さん

2012/12/320:41:00

景気が問題ですね。。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zvt********さん

2012/12/416:52:07

それから消費税値上げ前の駆け込み購入も期待が持てます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる