ここから本文です

今川義元の上洛について。この頃は三好一族が畿内を牛耳ってました。義元に勝算は...

mik********さん

2012/12/216:58:45

今川義元の上洛について。この頃は三好一族が畿内を牛耳ってました。義元に勝算はあったんでしょうか?もしくは何の為の上洛でしょうか?

閲覧数:
313
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bir********さん

2012/12/217:42:46

織田信長が天下布武した以前に
軍勢を ひきつれて京都を 行軍したことが、
あった事例は、大内氏の上洛。
よって、信長の事例は、日本史・初の快挙では、
ありませんでした。
いっぽう、大内氏は、足利幕府が、できたとき以来の
足利に味方した正統的な幕臣系の有力大名で、
それは、今川氏も そうでした。
権威的な見方では当時、足利が倒れれば吉良か
今川あたり が幕府を 継承できる資格がある
名門といわれていました。
尾張の織田の主君筋だった斯波家も それに類する
武家でしたが、織田は、あきらかに、そういうのより
格下で、下克上に相応しい大名だったわけです、
織田が尾張を制して美濃も併合したことは。
信長じしん は、ただ少人数で行って帰ってきただけ
ではあるが桶狭間の合戦の前に上洛し
足利義輝に 目通り を果したそうで、信長が
この当時の征夷大将軍と何を話したか不明で、
当時は、まだ信長は、尾張の統一の途上だったが、
今川義元は、このことは、おもしろくなかったでしょう。
長年いがみあって何度も戦った尾張の斯波の
家臣筋の織田信長が、こともあろうに名家の今川を
さしおいて将軍と会っていたので。
そのご ほどなく今川は大軍で尾張を 攻めました。
このことからも 今川義元は、勢力を拡大中の
尾張の織田を 手遅れ になる前に、つぶすため、
桶狭間の合戦に のぞみ、織田の信長は、これを
むかえうった わけでしょう。
興味ぶかいことに信長が足利義輝に会ったのは
義輝が松永に討たれる、ほんの少し 前で、
信長は、この京都の滞在中、松永久秀にも
会ったとされます。
信長は足利義昭を かついで上洛して京都を制したとき
松永久秀は処罰せず臣下にしたのを足利義輝の
弟である足利義昭は久秀を殺せと いい、
信長は、みとめなかったといいます。

質問した人からのコメント

2012/12/3 20:20:48

降参 歴史は奥深く色々な人間模様がありますね。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

2012/12/219:50:26

上洛ではなく尾張制圧が目的だったと思います。
上洛=天下取りですから、同盟関係にある背後の武田・北条も黙っていないでしょう。
今川は足利一門であり、家柄は織田は勿論、武田・北条よりも格上です。

ama********さん

2012/12/217:43:19

近年は上洛の意図、少なくとも畿内を制圧する気は無かったという論調がなされています。尾張を下し東海道を掌握し伊勢から紀伊、大和へ何等かの影響を与える、朝廷や公家側への働きかけ等、思い描いていたのかもしれません。

hk8********さん

2012/12/217:41:19

目的は上洛ではなく尾張制圧と思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる