ここから本文です

初心者向けの和裁の本はありませんか。 先日、木綿の袷着物の直しを相談しまし...

isa********さん

2012/12/319:15:40

初心者向けの和裁の本はありませんか。

先日、木綿の袷着物の直しを相談しました。女物を男物にするというものです。
http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=1497482539

どんなに安く見積もっても予算オーバーしてしまいます。何万もかけるような価値のある物ではないので、自分で直すことにしました。家庭科で浴衣を縫った程度では厳しいかも知れませんが、頑張ってみようと思います。

そこで地元の図書館で調べましたが、和裁(袷)の良い本がありませんでした。初心者向けの直しの本があったのですが、肝心の身丈の直し方は載っていませんでした。

初心者向けの良い和裁の本がありましたら教えて下さい。

閲覧数:
1,216
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uru********さん

2012/12/412:31:29

最も簡単な方法で、なんちゃって男物になりますが、
身八つを前後ろでくけて閉じます。振りも同じようにして、前後ろで閉じます。
身丈は、女物では外側に上げをつまみ、帯をつけたときに、おはしょりに見えるように対丈にすることがありますが、男物に見せたいなら、着物の裏側に上げをつまみ、ざくざくと縫い付けます。表と裏、一緒に摘んでください。
衿は広衿なら、半分に折ってくけつけます。撥衿ならそのままで。
外から見ると、振りがあるように見えますが、袖そのものは、男物のように袋になっています。

少し発展させて、お袖を男物に見せるなら、袖付けを身八つまで下げます。
身八つを脇の留めまで解き、お袖も同じ寸法だけ、振りを解きます。
解いたところまで、お袖を付けます。
浴衣のご経験がおありのようですので、袖付けはその通りです。裏は、元の袷の縫い方を参考にしてみてください。
身八つの留めよりも、振りが長いはずなので、長い分の振りは、そのまま前後ろでくけつけて人形にします。
身丈・襟は、上記の通り。

男物の対丈は、身長×0.85です。あるいは、実寸で、ご希望の身丈を出してください。

和裁の本のことは、よく分からないので、回答にはなっていませんが、基本的な縫い方がわかっていれば出来る範囲です。

参考になれば幸いです。
がんばってください。

質問した人からのコメント

2012/12/9 02:29:09

初心者にまともな和裁は無理というのは分かっていました。前向きに考えて頂いて非常に感謝しています。ありがとうございました!他の回答を頂いた方もありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

xon********さん

2012/12/411:18:49

みても さっぱりわからないと思います。本当に最初は 字が読めるだけ。意味は不明。
とても難しいし 貴方がやりたい直し方は地球上に書籍ではないと思います。
これからも着るなら ほどいて洗い 仕立て直した方が数倍簡単です。着るなら洗いはした方がよいし 形をかえるなら 反物に戻した方が簡単です。着物を自分でほどくと仕組みがずいぶんわかります。木綿だから 自宅で洗えるし。あとは 浴衣と大差ありません。

amu********さん

2012/12/410:26:19

袷を女物から男物へというお直しは、
ほとんど本には載ってないと思います。
本格的な和裁士の世界の話ですものね。

私が持っている、ちょっと難しい本にも載ってない。
そもそも、一から仕立てるよりお直しの方が大変なものです。

…で、ご自分用のもので、まぁ着られればいいという前提なくらいで。
帯に隠れるくらいの位置でざっくり切り離してしまって、
身丈を合せてグサグサ縫ってしまえばどうですか。
裏も表も外さずにそのまま。
かなり大胆な方法ですが。
裾を切るのはオススメしません。

揚げにする方が怖くはないけれど、ゴワゴワしそうなので。
万が一、接いだ部分がちょっと見えたとしても、
綺麗に縫えてれば普段着ならいいんじゃないですか。
あとは、振りやみやつを閉じてください。
人形の部分も、男性もののお仕立てを参考にして下さいね。

真っ当な方法で直すのは、本を見ながら初心者ができることではありません。
それなら、最初から男物を自分で縫う方がまだしも分かりやすいです。

tur********さん

編集あり2012/12/411:58:39

追記、
何万もかけるような価値はない、と仰ってますが、古い木綿は貴重な物や今では生産されてない物も多いですよ。
商品としての価値とは別に、お祖母様のものという付加価値もありますよね。
まだ布として生きているものなら、手をかけてもお金をかけても、どちらでも意味のあることだと思います。
大事になさってください。余計なことですみません。

********

通常は、袷を縫う時点で初心者じゃないので本もある程度分かってる人向けに書いてありますね(^^;;
魔道書を読み解くような気持ちで拾っていってます…

私も本を見ながら着物を縫うようになって数年経ちますが、まだ袷は袖丈直しと身幅直しくらいです。

身丈を詰めたいなら、私も帯下に隠れる部分で折りあげて縫い付けちゃいます。

もしくは胴裏をはがして八掛だけ残し、胴抜きにしています。
この方が色々楽なので…

でもそういうのが丁寧に載ってる本って無いですねぇ、残念です。

参考になりそうな本は、
・はじめての和裁DVD付き手習い帖(永岡書店)
・図説きものの仕立て方(紫紅社)
とか。

前者は単衣のみですが、フルカラーで基礎が分かりやすいです。
後者は一般向けではありませんが、袷も細かく書いてあります。魔道書です( ; ; )
定価15000円…

なんにしても本を見ただけでは全く分かりませんので、見本となる着物を横に置いて、その形を目指して縫います。

あまり参考にならなくてすみません、がんばってください。

wsi********さん

2012/12/321:26:39

袷着物の身丈直しは、かなり大変です。
初心者がいきなりするのには無理がありますよ。だから本にも載っていないのだと思います。仮に本があったとしても、パニックになると思います。
袷がきちんと縫える人なら本を見ずに直せますので、そういう本が存在しないのだと思います。

どうしてもご自分でなさりたい…というなら、直しより全部解いて、初めから本を見ながら男物の袷を縫う方が分かりやすいと思います。

jun********さん

編集あり2012/12/320:16:21

補足

前回の物を読みましたが、おはしょりを作らず着るのですね?
丁度帯で隠れる様に糸で揚げを取るように縫ったらいいんじゃないでしょうか?
上手く帯で隠れれば解いて変になるよりいいかなと思いますが。


こんにちわ。

先日もコメントしました。

身丈を短くするのですか?
長くするのですか?

単衣や長襦袢なら何とかなりますが、袷は私も難しい。
和裁を習っていますが、単衣なら何とか解いてやりますが、襟がついているのでなかなか初心者では?
和裁の本て一応わかっている人向きなので、何も知らない人が読んでわかるようになっていないんだと思います。

縫うのは案外できますが、直しって難しいんですよね?

私も袷の長襦袢の裄を直しましたが、位置から仕立てる方が、簡単でした。

一寸無謀かも(笑)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる