スーパーハイデッカーのバスで、シフトレバーがフィンガーシフトが多いのは、どうしてでしょうか?

スーパーハイデッカーのバスで、シフトレバーがフィンガーシフトが多いのは、どうしてでしょうか?

バス、タクシー647閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ロッドタイプ(棒ギヤ)の場合、レバーとミッションをつなぐ 長い部品(シフトリンケージだったかな?)が必要になります。 前から後ろまでいくんですが途中トランク内を通ります。 運転席と客席の段差が大きいバスはせっかくの大きなトランク内の 中間に変な棒が延びてたら使いにくいですよね。 トランク内に洗濯の物干しがあるようなもんです。 構造的には付けれないこともないですが空間の有効利用とお考え下さい。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/7 12:24

その他の回答(1件)

0

スーパーハイデッカーに限らず 最近の大型車は フィンガー・シフトのセミAT車が増えて居ます。 最近のレーシング・かーから高性能な乗用車まで そうでは有りませんか? 不思議は 全く無いと思います。 因みに、 鉱山などで使用されて居る200トン積みダンプカー(自重100トン、 トータル300トン)は 発進に必要なトルクを 伝えるクラッチが無いので ディーゼル・エンジンで発電し 電気モーターで動いて居ます。