ここから本文です

オートバイのレースで使用される逆シフトのメリットは何でしょうか?

chi********さん

2012/12/907:42:53

オートバイのレースで使用される逆シフトのメリットは何でしょうか?

デメリットがないのならば一般道でも使用したらよいと思うのですが。最近正逆対応のバックステップを購入して、どちらに設定するか悩んでいます。

閲覧数:
12,837
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2012/12/909:30:22

皆さんがあげるフルバンク時にシフトアップが出来る、というのは実は二次的なメリット、副産物です。
もともと逆シフトが導入された50年も前は、タイヤの性能がよくなくてハングオンさえ出来ませんでしたから、足が入らないなんてことはありませんでした。
ではなぜ?

シフトアップ時のミスを少なくする、変速時間を短くして効率よく加速する、ためです。
踏み込むだけなので、ペダルさえきちんと戻ってくれればほぼミスはないです。的確なタイミングで短時間でシフトアップする、搔き揚げではなかなか確実に出来ることではないです。
さらに昔は今みたいにギヤ数制限がなかったので、50ccクラスでは14速変速なんてこともありましたから、全て搔き揚げでシフトアップしていくのはとても大変ですよね。

逆に減速はタイヤ性能もブレーキ性能も悪かったので、今の倍近くかかってましたから、時間的余裕はたっぷりありますし多少ミスしてもタイムロスはない、タイミングのずれも多少なら問題なし、デメリットは見当たりません。

しかし公道では加速よりも減速のほうが重要、加速が悪くても後続にホーン鳴らされるだけですみますが、減速でシフトダウンミスすれば悪くするとコーナー飛び出します。速度が低いので減速にかける時間も短く、短時間で確実に減速しなければならないからです。
同じ理由でオフ系の競技も正チェンジが標準です、MXなどでは最高速も150キロも出ません、そこから減速ミスすれば間違いなくまっすぐ行ってしまいます。

薀蓄ですが、昔ワークス系でロードレースしていた人は正チェンジを「通勤チェンジ」と呼んでました。
でもGPライダーでも通勤チェンジはいましたよ、今は知りませんが。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

peu********さん

2012/12/917:04:33

以前は頑なに正チェンジ派でした。
走行会などでサーキットを走るようになり、ものは試しと逆チェンジにしたら、
意外と乗りやすくて驚きました。
ストレートでも、コーナーでも、シフトアップしやすかったんです。
それからはずっと、逆チェンジで乗ってます。
通勤用にOFF車乗ってますが、こちらは正チェンジ。
しかし、特にシフトミスしてどうの…というのは無いですね。
逆に、サーキットで走るとき、一度正チェンジに戻したんですが、
その時はストレートでシフトミスしてしまいました(笑)

サーキットだから逆、公道だから正ではなく、
両方試して、自分の乗りやすい方を選べばいいと思いますよ。

hac********さん

2012/12/911:30:08

逆シフトは 早くシフトアップ出来る。

デメリットは公道で急ブレーキ時シフトダウンし辛くなる。

man********さん

編集あり2012/12/911:00:09

一時期、逆シフトにしてたことあります。
実際運転してみると、加速時の操作が"しっくり来る"と言うか、"つながりが良い"というか…とにかく「イイ感じ」でした。

ですが…
ある日、隣の車線にいたタクシーがウィンカーも出さずに急に割り込んできて急停車。それを受けてこちらも急ブレーキって場面がありました。
その時…やっちゃったんですね~。シフトダウンするつもりでペダル踏み込んだら、シフトアップしちゃいましたww
エンブレが期待してたより効かなくて、前後ブレーキを更に強くかけて、生まれて初めてのジャックナイフw

普段の減速時には、シフトミスもなく、普通に運転出来てたんですけどね~、とっさの時には、体に染み着いた動作(シフトダウン=ペダル踏む)が反射的にでちゃうんですね~。その直後、車載工具で、通常シフトにもどしました。

てことで、逆シフトにはしない方が良いと思います。そのうち慣れるでしょうが、それまで無事でいられるか…

tar********さん

2012/12/908:40:33

オートバイの逆シフトのメリットとしましては、一番はフルバンク近くの時からのシフトチェンジ(それも立ち上がり)にあります。サーキットによってギヤをどうしてもこのタイミングでシフトアップしたいときに、正チェンジですと路面とシフトペダルの隙間につま先を入れなければならないため、逆チェンジにせざるを得ないのが現状と思います。私は趣味でレースを経験しましたが、どうしてもコーナーのいくつかでシフトアップをせざるを得ないので逆チェンジにしました。しかしながら、デメリットもあります。長年正チェンジになれていたので、最初のころはシフトミスをしてしまいます。ふとした瞬間に加速中にシフトダウンしてしまったり、コーナーの突っ込みで無意識にシフトアップしてしまったり。両方かなり危険な経験をしましたので、もし逆チェンジで走行するときは、練習をたくさんしたほうがいいと思います。ちなみにWSBのヂャンピオンのビアッジ選手は正チェンジとの噂もあります。もしかしたら、現役モトGPライダーも数人いるかもしれませんね。 せっかく両方出来るようになっているのであれば、逆チェンジも経験してみるのもいいかもしれませんね。安全運転で!

tur********さん

2012/12/907:50:47

シフトアップする時にペダルの下に足を入れてバンクさせたら、靴の先が地面に当たる
その為にバンク角が浅くなる、数センチの事ですがレースの世界では大きい

それにバンクさせながらの操作がしにくいからです、コーナリング中踏む方が早くシフトアップ出来る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる