ここから本文です

「で」と「から」の区別を教えてください

cheng4217706さん

2012/12/1309:53:59

「で」と「から」の区別を教えてください

お世話になりまして、ありがとうございます。
教科書からの問題です。
今日、原因や理由を修飾する「で」の使い方を勉強しました。
例えば、
遅くなって、すみません。
頭が痛くて、会社を休みました。
説明が上手で、よくわかりました。
病気で、学校へは行きませんでした。
…………
しかし、練習の中で、こういう選択問題があります。
暇( )、行きます。
選択肢は「で」と「だから」と、二つあり、答えによると、正しいのは「だから」です。
どう説明しますか?
お願いいたします。

閲覧数:
400
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

soteionさん

編集あり2012/12/1821:34:18

無意識に使い分けている多くの日本人には、こういう区別を論理的に説明するのは「斯芬克斯(Sphinx)」以来という水準の難問じゃないでしょうか。私には、Einsteinの特殊相対性理論よりも難しい問題に感じられました。(←馬鹿) 以下は、私が、数時間、いろいろ調べながら、乏しい知恵を絞ってひねり出した考えです。間違っている点があるかもしれません。
--------------------------------------------
「で」は、原因、理由を表しますが、そもそも、この「で」は

「日本で最も高い山は富士山だ」

と言う文に登場する「で」と同じ物です。「日本で最も高い山は富士山だ」は、「日本以外の国を見た場合にはわからないが、日本に限定したら、最も高い山は富士山だ」と言う意味です。

次に、

「ペンで小説を書く」

という文を考えてみます。この「で」は、「鉛筆じゃない、毛筆じゃない、ワードプロセッサじゃない、ペンを使用して小説を書くのだ」と言う意味を示しています。

すなわち、「で」は、「記述される内容に関して、それが発生する条件・実現する条件を限定する」と言う機能があるのです。「○○○で、×××」と言う表現は、「×××。そのための条件は、○○○」と言う意味です。

このため、「で」は、原因を表現することもあります。例えば、

「地震と津波で全てを失った」

と言う文章を考えると、これは、「『地震と津波』という条件の下で、全てを失った。」という意味です。結果的に、地震と津波は「全てを失った」の原因になります。

しかし、

「○○○で、行きます」

と言う場合、○○○で提示されるのは「原因」ではありません。これは、「行きます。そのための条件は○○○です。」ということですが、、XXXの部分に自分の意志を込める内容が記された場合、「XXX」を実現させるための条件「○○○」は、「手段」を提示することになるのです。「原因」よりも「手段」のほうが、より密接に「自分が意図する行動を規定する条件」と言う性格を持っているからだと思います。
「手段を表す『で』」とは、例えば、

・電車で、行きます。
・バスで、行きます。
・徒歩で、行きます。

などです。「暇で、行きます」というのは、「『暇』と言う手段を用いて、行きます」という意味になってしまうのです。

一方、「から」は、より積極的に「原因→結果」の因果関係を示そうとする表現です。

そもそも、この「から」は

「成田空港から北京首都機場へ行く」

の「から」と同じ物です。場所を示す場合、「AからB」は、「Aを出発点として、B」と言う意味です。理由を示す「から」も同じです。「AだからB」というのは、「Aだ」と言うことを話題の出発点として、Bという話へ到達することを示す表現です。
すなわち、「だから」は、「で」よりも明瞭に「原因・理由→結果」の関係を示す表現です。

まとめます。
------------------------------------------------

・「Aで行く」の「で」は、「行く」が実現するための実現条件を限定する。この場合の「実現条件」は、「原因」ではなく「実現するための手段」である。

・「Aだから行く」は、「Aだ」が「行く」の理由であることを積極的に示す表現である。

-----------------------------------------------

この説明を考え出すために、以下のページを参考にしました。
http://www2.dokkyo.ac.jp/~esemi008/kenkyu/miki.html
しかし、完璧に説明できたとは、自分でもあまり思えません。もっと優れた説明が出てくることを望みます。



[tobirisu5019671さん]--------

時系列による考察、鋭いアプローチだと感服しました。「で」の直前に位置する名詞の意味内容によってもかなり異なると言うことですね。「所用で」「急用で」と「病気で」の性格的な違いを解析するのもおもしろそうです。

>Yahoo!知恵袋だと下記あたりでしょうか。
>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476608574
>あれ?
>BAの用例って、先行コメントにある論文と同じですかね?

ほんとだ~。このBAを書かれた方は、三木学さんその人か、あるいはそうじゃなければ何だか「無断引用」のようにも見えてきます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2012/12/1923:12:56

「で」と「から」の区別。

いろいろな問題を含み、非常にむずかしい問題だと思います。
まず、お使いの教科書の記述に疑問があります。
「で(て)」にはいろいろな用法があります。
思いつくところでは下記がありそうです。
A接続助詞:形容詞や動詞につく「で(て)」(走って/飛んで……etc.)
B形容動詞の連用形
C格助詞
あげられた例文はA〜Cが混在している印象です。これをしっかり区別しないと、話が混乱するような……。

1)遅くなって、すみません。→A
2)頭が痛くて、会社を休みました。→A
3)説明が上手で、よくわかりました。→B
4)病気で、学校へは行きませんでした。→C
5)暇(で )、行きます。→?

5)を(で )にすると仮定します。「名詞+で」の形であり、4)と同様で「C」です(「B」ととれなくもないかも)。これは下記の「7 動作・作用の原因・理由を表す」でしょう。「6 動作・作用の手段・方法・材料などを表す」とは思えません。
4)はアリで、5)がヘンな感じになるのは文脈の問題としか言えないと思います。
■Web辞書『大辞泉』から
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0na/12538000/



興味深い問題なので、SNSのmixiで質問してみました(勝手に申し訳ない)。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=72603864&comm_id=398881

たいへん興味深いコメントももらいました。
「暇で」は、下記の文脈なら成り立ちそうです。
================引用開始
肯定形だと自然かも。
「病気で休みました。」

「暇で」も過去形の文脈にするとどうでしょう。
「その日は暇で映画に行きました。」
================引用終了


当方のコメントから抜粋します。
================引用開始
時系列?で考えます。

●前日の連絡
所用で休みます。
急用で休みます。
病気で休みます。←ちょっとヘンかも
急病で休みます。←×

●当日朝の連絡
所用で休みます。←ちょっとヘン
急用で休みます。
病気で休みます。
急病で休みます。

●当日の夜(他者への事情説明)
所用で休みました。
急用で休みました。
病気で休みました。
急病で休みました。
================引用終了


ちなみに、「暇なので」と「暇だから」の比較ということなら、よくある質問になります。
Yahoo!知恵袋だと下記あたりでしょうか。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476608574
あれ?
BAの用例って、先行コメントにある論文と同じですかね?

個人的には下記のように考えています。
【店内放送の日本語の使い方が気になります。】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1294599677


文字数制限があるので、詳しくは↓のリンク先をご参照ください。


【soteionさんへ】
Yahoo!知恵袋の回答はBA争奪という側面があるせいか、時として他の回答に対して攻撃的な回答がある気がします。当方は極力関知しないようにしています。
今回は有意義なやり取りができているようなので、少し書きます。
やはり、これは元の教科書の方針が疑問です。
「7 動作・作用の原因・理由を表す」場合でも、「6 動作・作用の手段・方法・材料などを表す」でも、もっとわかりやすい例を出すべきでしょう。
しかも、「練習」で「で」と「だから」を選択肢にするのも混乱の元です。
当方の結論としては、正解は「だから」でしょうが、説明するのは困難です。

>三木学さんその人
それはないと思います。調べてみると、ほかの箇所も類似文献が……。(以下略)

詳しくは下記をご参照ください。
【「で」と「から」の区別〈2〉】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2600.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。