ここから本文です

キャッシュフロー計算書(間接法)ですが、BSとPLの表示科目の金額が増加している...

how********さん

2012/12/1415:00:24

キャッシュフロー計算書(間接法)ですが、BSとPLの表示科目の金額が増加している場合でもキャッシュフロー計算書項目上で△表示にする場合がありますが、

BSとPLの表示科目の金額が減少している場合は→キャッシュフロー計算書項目上で+表示にするのでしょうか?

例えば、前払費用が前期末より当期末が増加している場合はキャッシュフロー計算書項目上で△表示になりますが、前払費用が前期末より当期末が減少している場合はキャッシュフロー計算書項目上で+表示になりますか?という意味の質問です。
(記号が付きますか?という意味ではありませんのでご了承ください。)

【重要】ここでいう+表示になりますか?という意味は+が付きますか?と記号が付くかどうかを聞いているのではなく、プラスになりますか?という意味です。要するに+30と表示したければ30と表示しますので記号を聞いている訳ではないのです。

補足ありがとうございます。要するに(アバウトな言い方ですが・・)営業資産の時だけ「逆」と考えれば良いのですよね?

閲覧数:
490
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tig********さん

2012/12/1418:12:25

資産の増加はマイナス、逆に資産の減少はプラスと理解しましょう。負債はこの逆です。

質問した人からのコメント

2012/12/15 23:29:37

ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる