ここから本文です

耳の穴をあける手術は危険? 小耳症と併発しやすい外耳道閉鎖症ですが 塞が...

kadukadesertさん

2012/12/1815:30:12

耳の穴をあける手術は危険?


小耳症と併発しやすい外耳道閉鎖症ですが
塞がっている耳の穴を開ける手術は危険ですか?

閲覧数:
4,625
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2012/12/1818:47:04

耳鼻科の医師は、簡単に手術し、聴力が回復できそうに言うことが多いですが、それは疑ってかかっていいと思います。
症例が少ないので、手術を試してみたいという考えだと思います。

症例自体が少ないので、実際に確実に成功する経験を積んだ手術ができる医師は、ほとんどいないと言っていいと思います。

失敗する理由は、
顔面神経を傷つけてしまう危険性が大きい。
穴は開いたものの、術後何年も中がジュクジュクしている。
金属の筒みたいなものをはめておかないと、また穴がふさがっていく。
穴は開いたけど、聴力は以前のまま。
逆に、内部を傷つけて、まったく聞こえなくしてしまう
などなど、
いまのところ、デメリットも大きいと思われます。

したがって、
両耳が閉鎖でない、片耳のみ閉鎖の場合は、穴を開ける手術は基本しないそうです。

いまのところ、症例が少なく、手術の技術が進まず、補聴器のほうが余程進化しています。

穴を開けてリスクを冒すより、性能の良い補聴器に頼る方がいいと思われます。

私の知っている限りでは、アメリカに穴を開ける手術をしに行かれて、成功した方をひとりだけ知ってます。(3人行かれたうちのひとりだけ成功だそうです。)
両耳閉鎖の方で、片方の穴を開けて、補聴器を使わなくてよくなりました。
かなり運がよかったか、もともと、耳の中の状態もかなり良かったものと思われます。
アメリカですから、すごくお金もかかってます。

小耳症については、耳の形成をなさればいいと思います。
永田小耳症形成外科クリニック http://www.nagata-microtia.jp/ です。

他の病院で耳の形成手術をしてうまくいかなかった人や、香港・アメリカからも患者さんが来ていました。

ご参考までに。

質問した人からのコメント

2012/12/18 20:53:57

ありがとう

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。