ここから本文です

heimin0909さん へ エホバの証人に関連する疑問について - http://detail.chiebu...

yangmaskさん

2012/12/1911:33:51

heimin0909さん へ エホバの証人に関連する疑問について
-
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1398914613 の続きです。

-
>私は以前、輸血禁止の例えをアルコールで正当化した冊子について提起しました。・・・

この点は、以前こう尋ねました。

「血を避ける」と「血を入れる」を矛盾なく説明できますか?

「血を入れる」とは、注射器で体内に「入れる」という意味ですね。どうですか?
-


>(1975年説問題について)。信じた人間がいけないから、謝罪しなければ、寄付でもらった金品も返さないし、学生も自己責任で解決しろと考えますか・・・?

注目すべきなのは、信者のだれも強制されなかったという点です。寄付にノルマが課されたとか、資産を売らなければ、あるいは大学に入学したら罰則があったとか、そういうことはありませんでした。どの信者もどのように、どれくらい行動するかは自由でした。その結果生じた事柄の責任はだれがとるべきでしょうか?

この問題は、信じる、行動する、ということの責任結果を各人が負わねばならないことを教えています。それを教訓にして、各信者たちはそれぞれの行動を自らの責任をもって決定すべきなのです。ですから、組織盲従に陥ってはならなず、常にチェックし、自らの目で確かめるべきなのです。

組織はその時代ごとに最善と思える方針を示しますが、それは強制ではありません。どのように行動するかは自由です。ですから、組織は各人の行動結果に責任を負いません。

もう一度チェックしてください。組織は1975年説について信者に対し、何らかを強制しましたか?

補足「誤りはあったが、強制をしたわけでもなかった」ということでよろしいですか?

閲覧数:
131
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hei********さん

編集あり2012/12/2011:53:21

注目すべきなのは、信者のだれも強制されなかったという点ではないです。脅かされているもしくは誘導されていのです。神の面を被った組織に・・・。根拠のない話により・・・。それも、資産や家を組織の資金源として・・・。終わりの日が近いからの理由で何故、家や資産が必要ですか?聖書にも書いてないですよ!!

反対に「血を避ける」とは、注射器で体内に「入れるな」という意味ですか?

補足:強制はされていないが、神ではない、我欲のある組織による脅し、誘導により行われた事です。神の組織と信じ切っていた信者は寄付してしまった。そこで、話を以前に戻します。貴方は我欲はありません。しかし、貴方は予言をして間違ってしまいました。貴方が統治体であればどうしますか?以前の質問に戻って真っすぐ答えて下さい。信者の判断は結構です。貴方は統治体の一員としてまた、一人の人間として自身が間違った事により得た寄付や学生達にどのような対応をしますか?その寄付金は払った信者が自己責任で寄付したのだから自身のものだと主張しますか?自身が間違った事は事実だから最低限、得た寄付金は返すとしますか?どちらでしょうか?

質問した人からのコメント

2012/12/20 14:47:43

考えてみました。次の質問にてお答えします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる