ここから本文です

よく、お菓子作りで、 「バターを室温に戻し、砂糖を数回に分けて入れ、 白っ...

mmm********さん

2006/11/1517:34:55

よく、お菓子作りで、

「バターを室温に戻し、砂糖を数回に分けて入れ、
白っぽくなるまで、混ぜる」

と、ありますが、どのくらい、出しておけば、
バターはクリーム状になるのでしょうか?

今日、このぐらいでいいだろうと思ったバターに、
砂糖を加えたら、見事に分離してしまいました。

泡だて器で混ぜたときに、簡単に落ちるくらいまで
柔らかくして、砂糖を入れたほうがいいのでしょうか?

閲覧数:
4,756
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ねしぽんさん

編集あり2006/11/1602:58:47

『バター(或いはクリームチーズ等)を室温に戻す』という文言が、
菓子作りのレシピに良く載っています。さて、これはどうするのでしょう。

『室温』とは常温ともいい、平均温度でいうと『23~25℃』位の
温度の事を指します。ですから、冷たい素材を温かい部屋に出しておいて、
冷たくもなく熱くもない状態になるまで放置しておく操作の事を指します。

『室温に戻った』バターは、指で確かめると良く分かります。
表面を軽く指先で触れると、やっと指の跡が残る位になります。
これで室温に戻せました。戻し過ぎると取り返しがつかなくなります。
簡単に指がささる程で、その跡がピカピカとてかるようでは、もう戻し過ぎです。

バターは溶かしてしまうと性状が全く変化してしまい、
どんなふうにやっても、もはや元の性質に戻す事は出来ません。
こうなったらもう、溶かしバターにするしかありません。
トロトロの状態では、バターに欲する効果である『空気を含ませる事が出来ない』からです。
このような状態で生地を作ると、何となく重たい、脂っぽいものになります。

室温に戻すのが面倒なら、体温を用いるとよろしい。
冷えたバターをある程度の塊に切って、手でもみほぐすのです。
手が汚れるのがイヤなら、ビニールにでも包んでやると良いでしょう。
電子レンジや湯煎も手軽ですが、溶かさないよう注意して下さい。

ちなみに、卵も『室温に戻す』操作を行います。
泡立てが必須条件の『共立てスポンジ』には必ず行われる行為です。

バターをポマード状にして(プロの世界ではこんなふうにいう)、
砂糖をすり混ぜる時は、ザラツキがなくなるまで合せて下さい。
ここまで充分に練り合せたバターで生地を作ると、軽い仕上がりになるのです。

質問した人からのコメント

2006/11/17 21:12:37

成功 ケーキがまずかった理由が分かってよかったです!
他の方も。ご回答ありがとうございました~☆

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

png********さん

2006/11/1518:34:49

この季節だと冷蔵庫からだしてレンジにかけてます。
マヨネーズよりは少々固めの感じ。
試してみては?

mii********さん

2006/11/1518:11:05

バターに砂糖を混ぜるのは、本などにもよく
「すり混ぜる」などと書かれています。
泡だて器ではなく、木べらなどを使ったほうが
すり混ぜる感じに近いと思いまず。
泡だて器を使うと、バターが泡だて器のなかに入って
なかなか混ぜることは出来ません。

使おうと思ったバターは、室温に一昼夜、ずっと出しておきます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる