ここから本文です

1.「秋波を送る」という表現がありますが、「色目を使う」と同じでしょうか。 ...

田 田子さん

2006/11/1905:28:10

1.「秋波を送る」という表現がありますが、「色目を使う」と同じでしょうか。
2.男性は「秋波を送る」とは言わないのでしょうか。「色目を使う」はどうでしょうか。「A君はB子に秋波を送った」

<田子>

閲覧数:
13,732
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2006/11/1911:22:05

1.2.「秋波を送る」は、そら、口ではあからさまに言えないので、
目つきで送るのです。もちろん女性から男性にです。「色目を使う」は
同じ意味で、男性女性どちらからでも使います。
「秋波」ウーン、いいですね。女性の媚を表す色っぽい目つき。でも今の
時代この言葉は使いませんね。知らないひとがもう多そうな言葉ですから。
雰囲気のある言葉なのに。「色目を使う」はいっぺんに俗になりますね。
この「使う」は、「遣う」ではありませんか。「色目遣い」。

質問した人からのコメント

2006/11/21 05:55:11

成功 皆様、有難うございました。秋波は女⇒男。色目、相互可。分かりました。秋波を送ることにします。
<田子>

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2006/11/2012:05:25

「秋波を送る」も「色目を遣う」も、相手に気付かせるためのテクニックです。
男子たるもの、相手に気付いてもらってなにかのアクションを期待するなどもってのほかです。
男は一直線に「プレゼントをおくる」「金を遣う」しかないのです。
学生さんなら「言葉を送る」、そして好いてもらえるように「頭を使う」ことですね。
光源氏のような男性なら、秋波を送って女性から言い寄らせてもいいのでしょうが・・・・。

編集あり2006/11/2013:30:06

概して、同じです。

「秋波を送る」広辞苑では色目をつかって、異性の関心をひこうとする。

「秋波」とは女性の媚(こび)を含んだ色っぽい目つき。もとは、秋の澄んだ波の意で、美人の澄んだ目もとの形容だったそうです。

ですから男性は秋波を送るとは言いません。

例文:端正な顔立ちの青年に秋波を送る婦人。

類語には、言い寄る。引っ掛ける。軟派する。モーションを掛ける。ウインクする。色目を使う。流し目を使う。

このうち男性が使えるものは、言い寄る。引っ掛ける。軟派する。モーションを掛ける。ウインクする。です。(^^♪

慣用句辞典ではこうなっています。秋波を送る(しゅうはをおくる) 女性が、異性の関心を惹(ひ)こうとして、媚びを含んだ目付きで見る。 類:●色目を使う●ウインクする 参考:秋波(しゅうは) 美人の涼しげな美しい目元。また、女性の媚びを表す色っぽい目付き。色目。流し目<国語大辞典(小)>

おまけ:暗送秋波(あんそうしゅうは)意味:かげでこっそり取り入ること。また、こっそりと色目をつかうこと。「暗送」はひそかに送る意。「秋波」は色目・流し目のこと。ここでも「秋波」が使われていますね!!

へへ!得手に帆を揚げるです。得意分野です(#^.^#)

月亮鼠さん

2006/11/1907:35:14

1.辞書によると「秋波を送る」と「色目を使う」は同じようです。
2.「秋波」はもともと美人の涼しい目元という意味ですから、男性には使わないのではないでしょうか。使うとすれば特殊な世界の男性(元男性)ですね。

jfw********さん

2006/11/1905:36:45

秋波って、基本的には女性のみで使う表現だと思います。
「秋波を送る」は女性が色目を使ったり、流し目を使ったりする表現の筈です。
男性で使うには、無難に流眄を向けた…とか、その辺りが妥当だじゃいでしょうか?
(基本、美人の流し目に使われる表現の様な気がします)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる