ここから本文です

貴金属や宝石の刻印に詳しい方 教えてください。 うちに白い石のついたペンダ...

wqouki2000さん

2013/1/1410:35:51

貴金属や宝石の刻印に詳しい方

教えてください。
うちに白い石のついたペンダントトップがあるのですが、なんの宝石なのかわかりません。
大きさは1センチないぐらいで、卵を半分に割ったような長丸、

色は白っぽく、ストライプ様に七色に光る線が走っております(不規則)
。ホワイトオパールに似ているような感じです。
石座?の金具に「14CI」と刻印があります。
これはなにか意味があるのでしょうか?
どなたかわかる方いらっしゃいませんか?

閲覧数:
1,126
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ring_slimさん

編集あり2013/1/1913:39:29

オパールだと思います。
刻印はオパールの石目を表す「14.01(カラット)」ではないでしょうか。

実は刻印というのは意外に打ちにくいもので、真っすぐきれいに打ち込まないと「0」が欠けて「C」のように見えてしまうこともあります。金具など小さい面積の部分に刻印を打つ場合は、特に打ち損なうことが多いです(丁寧な職人なら打ち直しますが)。

==補足
もう一つ回答が付いたので補足しますと、平均的なオパールの比重から半球として計算すると14ctは12mmくらいだったので、厚みによっては有り得るかなと思ったわけです。
それと金位を表す「カラット」は「Kt」と表記されます。
しかし、だからといって私の回答で間違いないということではなく、実際には現物を見ないと解らないのが本当のところです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2013/1/2008:03:53

ホワイトオパールに似ている場合はまずホワイトオパールだと思います。
1cmないくらいの長丸なら14カラットはまずありません。3カラットくらいでしょう。
オパール以外と言うことなら虹色に光る線が走る可能性があるのはレインボームーンストーンでしょうか。
こちらも1cm以下なら5カラットもないくらいです。

「14CT」ではないでしょうか。金具の素材が14金ということです。
最近ではktとctが区別され使われていますが古いものでは使われ方があいまいでCT刻印のものがあります。

補足-----
オーストラリアオパールのシングルカボションであると考えれば
直径12mmで5ct弱。
直径14mmで7.5ct。
直径17.5mmで14ctになります。
直径10mmでは2.7ct程です。
いくらハイドームと考えても10mm未満で14ctのオパールというのは無理があります。
球体である可能性を考えても14ctに達するのは直径約14mmです。

石が鉄であるなら10mm程でも14ctの可能性はありますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。