ここから本文です

60cm水槽で小型カラシンの混泳をやりたいので色々アドバイスをしてください!! 少...

swi********さん

2013/1/2617:16:07

60cm水槽で小型カラシンの混泳をやりたいので色々アドバイスをしてください!!
少し厳し目にお願いします(特に混泳のところで)。

まず水槽は60×30×40の60cm縁なしラウンドオールガラスで65L入ります。
設備はテトラVX外部式フィルターとワンタッチAT-75Wの2つを常時運転。
ヒーターはテトラ200wのicサーモヒーター。
ライトはリフトアップライトLL-60です。

◆レイアウト
底砂には水質への影響が少ないというボトムサンドを使用します。
メインに流木(アヌビアス・ナナ付き)を中央に、
その影にアマゾンソードを。
後景にマヤカでマヤカ・カーテンをつくり
カーテンの右角にスクリューバスネリアかガボンバのどちらかを数束配置。
そして前景(水槽の4分の1の右端)にグロッソスティグマを芝生のようなイメージで、
残りの底床はコリドラスの砂場にしようと考えています。

イメージはマヤカ・カーテンでヒーターを隠し、前景に魚の遊泳場所をつくろうと思います。

◆混泳
この水槽では「テトラ」系を多く入れ小型カラシンの混泳を楽しみます。
また、小型カラシンの中に中型の「コンゴテトラ」をワンポイントとして入れます。

・カージナルテトラ 20匹
・ブラックネオンテトラ 6匹
・ゴールデンアカヒレ 8匹
・コンゴテトラ 3匹
・レッドファントムテトラ 7匹
・コリドラス・アエネウス 3匹
・オトシンクルス 3匹
合計50匹

コンゴテトラ以外の「テトラ」系を1匹=1Lとして計算。
コリドラスは1匹=2L。
コンゴテトラは1匹8Lとしての計算で74Lです。

ちょっと過密かもしれませんが2つのフィルターがあるので大丈夫かな~?とは思っています。
そこら辺のアドバイスもお願いします。
それと魚の排泄物と2つのフィルターによる水質の極端な酸性化を防ぐために「てとらpHバランスタブレット」を投下します。

ここまでのアドバイスをお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
質問です。
・この水槽でレッドビーシュリンプの飼育をしたいのですが可能ですか?
可能ならどのくらい入れて大丈夫ですか?

・「テトラPHバランスタブレット」の注意書きに、゛24時間以内にpH値が0.5以上変化しないように!゛と書いてあったのですが
もし0.5以上pHを変化させてしまった場合どのような対処をとったらよいのでしょうか?

色々調べたのですが初心者なもので専門的な事がわかりません!
どなたかおしえてください!また、アドバイスも積極的によろしくお願いします!!m(_ _)m

補足回答ありがとうございます。
追加質問ででボトムサンドと田砂の違いを教えてください。
それとボトムサンドについてですが、
ソイルは管理が面倒なので大磯砂を使おうと思うのですがコリドラスも大磯砂で大丈夫ですか?
ヒゲを傷つけたりしないか心配です。
また、田砂か大磯砂、どちらの方がお勧めかも教えていただけると嬉しいです。

それと゛レットビー゛ではなく゛レッドチェリー゛でした。やっぱり混泳は無理ですか??(´Д`)

閲覧数:
5,034
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rew********さん

編集あり2013/1/2619:20:11

生体メインでレイアウトするなら水草については再考が必要です。
まず、ボトムサンドは水草向きではありません。あまりに砂粒が細かすぎて根づきにくく抜けやすいです。
マヤカ、グロッソスティグマについては出来ればソイルのほうがいいですし、24W一灯、CO2の添加をしない環境では育成は厳しいです。初心者向きの水草とは言えません。
有茎水草をマヤカからより育成しやすい他の種類(例えばハイグロフィラやグリーンロタラなど)に変えて、底砂を田砂にすればうまく行くと思います。

数については水質管理に慣れていればそのくらいの密度でも問題なく飼えるでしょう。(1リットルに1匹、みたいな考え方は好きではないですが、知恵袋でやたら言われる1cm1リットルで計算するよりは妥当な数字が出ます)
ただ、初心者なら何かミスをしたり見当違いのことをしていてもリカバリーできる程度の密度で飼育して、慣れてから魚を多く入れるべきだと思います。それから、魚を飼っていて特定の種類に詳しくなったり、ショップに入荷があったりすれば新しく入れたい魚というのは必ず出てきます。そのために、すぐにキツキツなバランスにするよりも十分に追加の余裕があるくらいにしておいたほうが何かと後で苦労せずに済みます。

立ち上げ時にはもっと少なくしないといけないですから、まずはブラックネオンかゴールデンアカヒレのどちらかから飼育を始めましょう。
自分としては、コンゴーテトラはその水槽には不釣合いだと思います。多少大きくてもゆったり泳ぐ温和な魚ならいいんですが、コンゴーテトラは見た目の優雅さのわりに結構乱暴で活発に泳ぎます。60×30くらいのスペースだと手狭になりますし、他の魚にも負担になります。
とりあえず少ない数から始めて徐々に魚を足していき、数ヶ月でコンゴーテトラ以外の魚が入った状態まで持っていってしばらく飼育してから、追加の大き目の魚に付いては考えればいいんじゃないかと思います。
自分のおすすめはブルーレインボーフィッシュ、ハーフオレンジレインボーフィッシュなどの少し大きめのレインボーフィッシュです。



レッドビーについて

それだけ小型カラシンがいれば稚エビを生き残らせることはまず出来ないでしょう。
コンゴーテトラがいれば親のレッドビーも即捕食されます。
コンゴーテトラ抜きで考えるなら、水草が良く繁茂した状態でレッドチェリーシュリンプ、ミナミヌマエビならどうにか代を重ねることはできます。レッドビーに比べて水質や高水温への耐性も高く飼育しやすいです。

テトラPHバランスタブレットについて

水質が変化してしまってからでは遅いですが、酸性気味になっているなら水換えして新水を足す、アルカリ性に偏っているなら流木を追加するくらいでしょうか。
そういった継続して入れないといけない、必ずしも必要のない消耗品にお金をつぎ込むこと自体もったいないと自分は思います。
数百円でやっと40リットル分ですから、まともに使おうと思ったら定期的にそれだけの出費がかさむことになります。
1錠5リットルという基準からして、水質が不安定になりやすい小型水槽のための製品で、十分な水量があって無茶な量の水換えをしなければそこまで水質が急変することはありません。


田砂も十分細かいですが、ボトムサンドはさらに細かいです。
これくらい細かいと舞いやすくなりますし、プロホースで水換えする時も一緒にどんどん吸い出されてしまいます。
確かに細かいゆえのコリドラスの行動の面白さ(餌を食べる時にエラから砂を排出したり底砂に顔を突っ込むなど)は観察できますけど、水草の植えにくさや管理の面倒さを甘受してまで選ぶ底砂かといわれると疑問です。
大磯砂はあまり目の粗いものは向きませんが、角は丸いので目の細かいもの(細目くらい)ならヒゲを傷つけることはありません。貝殻の混入の懸念がありますが、生体が多めの水槽でのpH緩衝用と考えればデメリットばかりではありません。ただ、pHは結果的にちょうどよくなっても使用し始めて当分の間は硬度も上がるので低い硬度を好む水草、テトラの種類によっては合わないです。また、好みの問題ですが黒っぽい底砂なので水槽の印象は田砂と大きく変わります。
自分としてはテトラと水草メインで田砂と細目の大磯砂なら、見栄えの問題を抜きにすれば田砂のほうが向いていると思いますが、長い目で見れば大磯砂でも悪くはないです。色が気にならず、田砂では細かすぎるなら酸処理した大磯砂でも構わないんじゃないでしょうか。
レッドチェリーなら水草多め、コンゴーテトラ抜きなら繁殖も含めて問題ないです。ただ、コンゴーテトラの代役として中型グラミーを入れる場合は注意が必要です。

質問した人からのコメント

2013/2/1 21:30:44

降参 ba決定に遅れてすみません。
有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eiz********さん

2013/1/2617:51:33

初心者さんならレッドビーは避けた方が無難です。
どうしてもやりたいなら他に水槽を設けましょう。

pHを0.5以上上げると魚達はペーハーショックで死んでしまいます。
主さんが飼おうと考えられている魚は強い物ばかりなのでpHに関してはそこまで神経質になる必要は無いと思いますが、それだけたくさんの魚を買われますと弱い個体も多少含まれると思いますのでpH調整剤の説明書に従って使用しましょう。

また、マヤカは意外と溶けやすいのでCO2添加をオススメします。

と、プロアクアリストぶって回答してみましたが、自分もまだまだ初心者です(笑)
お互い頑張りましょう(^^)

参考になれば幸いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる