ここから本文です

ビニルモノマーのラジカル重合における成長反応は、一般にhead-to-tail付加により...

opa********さん

2013/1/2714:58:32

ビニルモノマーのラジカル重合における成長反応は、一般にhead-to-tail付加によりおこる。
これはなぜですか?

閲覧数:
597
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tot********さん

2013/1/2723:19:20

1.二重結合の立体障害の少ないほうが攻撃を受けやすい。
2.置換基がついた炭素のほうがラジカルを安定化するので、生成物が置換基がついた側にラジカルを持つ形になりやすい。
でどうでしょうか。

質問した人からのコメント

2013/1/28 17:39:45

降参 ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる