ここから本文です

現在高三(男)の学生の質問です。 男女平等というのは良い意味でも悪い意味で...

suz********さん

2013/1/3115:14:59

現在高三(男)の学生の質問です。

男女平等というのは良い意味でも悪い意味でも平等という事ですよね?

男女平等とは姓に関係なく同等の「権利」を保有し、それ相応の「義務」を背負うものだと私は思っております。

誠に極端な例ではございますが徴兵制がある場合は男女機会均等になるという事ですよね?

「18歳青年男女には数年間の徴兵義務を課す」という具合に……

この私なりの意見を女性の社会の先生に話したら
「軍隊に行くのは男の仕事だ、か弱き女性にそんな義務を背負わせるなんてお前はそれでも男か!全く情けない、死ぬかもしれないような仕事をするのは今も昔も男で充分だ!」と激怒されました。「それは女尊男卑で男女平等ではないではありませんか?男女雇用機会均等法、男女共同参画社会基本法だってそうです。」と反論をしたのですが……
「今まで女性は男なんかに差別されてきたんだ男損女肥や女尊男卑の何が悪い!?これからは女性優遇、男性冷遇の時代だ!女性をもっと尊び敬え!」と直ぐに反論されました(他の先生や大人の人にも言い方はどうあれ似たような事を言われました)。

昔は確かに男尊女卑(戦前は絶大な家父長制、女性参政権無し、姦通罪等反面徴兵の義務は課されなかった)
(戦後は「男は仕事、女は家事で就職が全く出来ない、男性が女性に対するセクハラ」)だと日本史や現社で習いましたが私はその時代の人間ではありません。


やはりある程度の女性優遇や男性差別には我慢し目を背けないといけないのですか?
私は「男尊女卑」は嫌いですが「女尊男卑」も正直嫌です。あくまで「男女共尊」になるべきだと思っています。


こんな主張をする私は我が儘で器の小さな情けない男なのですか?

一学生の未熟過ぎる意見ですが何卒ご容赦お願い致します。

補足「男損女肥」はよくその先生が黒板に書くからきっとこの事を言っているのかな?と思いましたので書いた所存です。

不愉快な思いをさせてしまったのなら誠に申し訳ございません。

閲覧数:
300
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hdh********さん

2013/2/121:10:36

そもそも、平等と平同は違うものだということです。


数式的に同じであれば、「1+1」も「2」も同じ2でしょ?、、、というものが平等です。

「いや、1+1を認めない。2にしなさい。」というのが、平同ですね。

女性側が、自分たちに得になるかならないかで、平同と平等を使い分けているために、突き詰めると矛盾と混乱が生じてるのですね。

つまり、家事をする主婦というのうを大変だといいながら、片方で家事しながら仕事できる、、、といって、仕事に不必要に出る。

専業主婦は家事主張し、両方したい人は女性の仕事権利を主張する、、、。

問題は、この二つがお互いに否定しあわない事ですね。

男女共尊を女性側が求めていないのです。

つまり、男女平等を掲げる人が、その先生と同じような事を言ってるのです。

だったら、堂々と女尊男卑を掲げてる方がまだマシですね。

男尊女卑をかかげながら、やってることが女尊男卑、、、。
女尊になるところで言い訳で、男尊女卑を理由にし、女卑に対する理由も男尊女卑で言ってくる、、矛盾だらけです。

あなたの言う事がわがままであるなら、それの数十倍のわがままを女性が言ってる事になります。

そもそも、昔のどこが男尊女卑?戦争で死んでしまうことを、ほぼ強制させられる男、労働基準法など殆どない時代に無理してでも働いて外部で稼がないと、一般人として認められない、、。

それと、戦争に行くなんて論外でただ言われた事をきちっとするだけでいいという女性たちとどっちが男尊女卑なのか、、。

まあ、男尊女卑で言うなら領主と平民、社長と平社員、、ということですかね?

女性が貴族や社長並に責任意識を持ってやれるなら、元から男尊女卑を掲げて権利主張などしません。
権利主張というのは、周りより自分を優先するものですから、、。
一性別単位で主張するという事はそれだけで責任意識が少ない、、、ということですね。

女性がやらないのならやらないでいいと思いますが、やりたいからやる、やらせてくれないから差別という発想では出来るものも出来なくなる。

話それましたが、問題なのはむしろ男女差別の元に男女平等を掲げてるわけだから、その先生の言い分がとおるということは、女尊男卑を理由に男尊女卑を掲げていい大義名分が出来てしまい、意味がありません。

その「情けない男」という考え方が男尊女卑の要因ですから、矛盾してますね。

つまり「戦争に行って銃がうちたーい」という女性を徴兵しない、、、という「男尊女卑差別」ということですからね。

ちなみに、参政権や絶大な家父長制というのは男尊女卑じゃ在りません。

今の現代の人がそういってるだけです。

逆にいえば、男性に任せっぱなしで、男性の庇護の下、社会的責任を果たさないで済んでいた女性たち、、、ということです。

よく仕事を元に言いますが、単純に「外で責任持って仕事をしないでいい事としなきゃいけないこと、どっちがいいですか?」ということです。

そこで、昨今は仕事を強制的に法律が楽にさせ、女性用にさらに作り変えてるために、女性が楽に仕事をするようになったわけです。

何がいいたいかというと、徴兵したところでどうせ法律で女性は後方支援と内地勤務で事務勤務、徴兵で産休育児休暇を求めるようになるだけです。

それと男女雇用機会均等法って平等じゃないよ。

労働上、女性に有利な法律が多くなって企業に負担が大きくなってるので、雇用機会は均等でも雇用そのものは均等じゃない。

つまり、雇われにくいところも判断できず、無駄な面説をさせられるのです。

ホストクラブのホストの募集に、女性が面接に来るようなレベルのこともあります。

質問した人からのコメント

2013/2/5 15:03:24

成功 自分の意見に一番近かったのでBAにさせて頂きました。男性の気持ちも理解している女性がいたのが何より安心でした。男性差別、女性差別がなくなり真の意味での男女共尊社会が来るのを願わんばかりです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ano********さん

編集あり2013/1/3115:31:37

男損女肥

って・・・わざとだろww


まず機能が違うものを同等に扱うのは無理があるっしょ。

洗濯機と炊飯ジャーを同じ条件で比べるくらいに無謀だ、と私は思う。

女は女で、男は男で、違う事頑張れば良いじゃん。
それぞれできる事は違うんだから。

miu********さん

2013/1/3115:27:01

同じ高校三年生女子の意見です。

私も男尊女卑もその逆も嫌です。

しかし、なんだかんだ言って
男性は女性に奢るもの、
優しくするもの、
レディーファースト、など
男性が損をする場面も
多くあると思います。

でもそれは女尊男卑とは
違うと思います。

だから多少、女性が
損をする場面があるのも
男性が損をするのも
仕方ないとも思います。

徴兵制もやっぱり
体力があるのは男性ですし
そこはなにをやっても
変えることのできない
人間の特性であるので
仕方ないかなーと思います。


ただ、日本は男性に
引っ張られてここまで
来れたのも事実です。

だから、男性を冷酷に扱うなんて
とんでもないと思いますし
ちょっとだけ、女性が活躍する場を
与えてくれたら
これからは協力して
やっていけるんじゃないかなー
と、思っています。

同じ人間ですし、
どちらが劣ってるとか
優れているとかは
ないですが、
体格や手先の器用さ、体力は
どうしても差が出てきてしまいます。

そこだけは考慮して
お互いがお互いを
尊重し合うのが何より
大切じゃないでしょうか。

男尊女尊が理想ですね。


意味がわからず
申し訳ありません(>_<)

mkt********さん

2013/1/3115:40:13

男女平等と言っても男性にしかできないこと、女性にしかできないことがあります。
一番簡単な例が「子供を産むこと」です。
ただ、徴兵制に関しては、昨今では女性でも参加したいというならば参加させるのが一番でしょう。
実際に自衛隊員の中には女性もいます。以前は男性の職業と思われていた、ダンプの運ちゃんにも女性が増え、力仕事もこなす女性が増えてきています。
ただ男子は徴兵制度が必ず義務付けられるのに対し、女性は任意である必要性を説くのであれば、それはまさに出産。つまり人口を増やすためではないでしょうか?
要は種の保存です。
男性の精子は一生涯作られ続けます。しかも何度も何度も繰り返し新鮮な精子が作られるのです。
しかし、女性は一生涯に排出される卵子の数が限定されており、しかも月に一回。しかも若さと体力のあふれる青年期が新鮮な卵子のピークであり、年を重ねるごとに卵子は衰えてきます。つまり生殖機能が落ちるのです。
徴兵制度をするとすれば、おそらく青年期の若さあふれる時期でしょう。兵隊になるのなら、体力の衰えてくる壮年期の人間より、体力の有り余る青年期の人材を登用します。
つまり女性は生殖機能が一番良いとされる青年期に徴兵されてしまえば種の保存、子供を産むことができなくなります。徴兵制度の中では、いろいろな訓練があり、そのため女性ホルモンのバランスが崩れる恐れがあります。そして排卵すら止まってしまうのです。
なので、女性が徴兵制を任意で行うとする理由としては、「妊娠、出産に適した時期に徴兵することは強制できない」となるのではないでしょうか?
もちろん昨今の レディースディなどのような女性だけ特別扱いになる日が設けられているの理由があります。
男性と違い女性は「割引」「自分だけ特別」ということへの関心が異常に強いです。これは男性脳・女性脳という言葉があるように、脳の仕組みが男女にて異なるから。
通常では財布のひもの固い女性も「特別女性だけ安くなる日」には財布のひもを緩めやすくなるために設けられています。
なら、男性は?となりますが男性は欲しいものがあれば特別な日でなくても手に入れます。
さて、あなたに反論された大人の女性ですが「これからは女性優遇、男性冷遇の時代だ!」などと言っていること自体、女性なのに女性を軽視しているのです。つまり女性が飛躍する場所を狭めています。かよわき女性と言いますが、「母は強し」という言葉があるように女性は母親になるとどんな困難にも子供のため家族のためになら立ち向かう強さを兼ね備えています。
女性でも視野を広げどんなことにもチャレンジしようと思えばできるのです。
男尊女卑とは昔のこと。今は、男女ともにチャレンジし飛躍しながらお互いを高めあう時代なのです。

hoh********さん

2013/1/3115:46:47

男女平等については難しいことだと思います。
ただ活字上で話をするのなら、どちらも平等に扱うべきだということになって、女性も徴兵されるべきとその上で言われるのなら仕方ないと思う部分もややあります。
でも、男性と女性とではできることがそもそも違いますよね。
最初の方も書かれていますが・・・。
男性はどうあがいたって子供を産むことはできないし、かといって女性だけで子供を産むこともできない。
男女の関係とは、いわば鍵と錠のような関係だと私は思っています。
昔の人はその前提の下に、女性の参政権なんかを主張したのだと思います。
それが段々こじれてきてるんだと思ってます、私は。
でも色々議論がされて落ち着くべき場所に落ち着くのが一番だと思います。

cha********さん

2013/1/3115:59:39

こんにちは。ただの通りすがりです。

平等には2種類あります。

形式的平等と実質的平等です。

ざっくり言えば、
形式的平等は入り口が平等。
実質的平等は出口が平等です。

質問者様の平等は形式的平等のことです。

ボクシングで例えると、

素人とプロボクサーとが試合するとき、
何のハンデもなく、ゴングが鳴るのが形式的平等。
能力の差で、勝負が決まります。

それに対して、
プロボクサーの足を縛り、両手には重りをつける。
素人には素人応援団として、数人の助っ人あり。
これで勝負すれば、なんとか引き分けられる(かな?)

男女共尊

言い言葉ですね。

互いに尊び合うのであれば、

男にできて、女にできないことは、男がやればよい。
女にできて、男にできないことは、女がやればよい。
男も女もできることは、どちらか気が向いた方がやればよい。
男も女もできないことは、互いに協力してやればよい。

そんな感じでいいんではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる