ここから本文です

60歳で貯蓄2000万円でどうやって老後を過ごすの? 多い人でこれくらいと聞...

ebt2012さん

2013/2/204:11:32

60歳で貯蓄2000万円でどうやって老後を過ごすの?

多い人でこれくらいと聞きました。でも、年収450万円の生活を20年続けるとしたら9000万円必要です。年金がいくら貰えるのか分かりませんが、大丈夫なのか?

補足具体的なお話をいただけてすごく参考になります。現役時代にいくら稼いで保険料や税金を納めても、貯金しないと悠々自適なリタイア生活は無理そうですね。2000万円の貯蓄も高い方のようなので、60で無職になって80まで生きるとして年金と併せて5000万円+アルファでもましな方なんですね。老後に夢や希望が持てず、消費しない構造がよくわかります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,838,202
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shift313131さん

編集あり2013/2/311:00:11

(補足について)

そうですね。貯蓄額に不安があれば浪費に気をつけてがんばってください。
老後の生活費を300万としましたが、節約すれば250万でも大丈夫だと思います。
自分なりに貯蓄計画をたててみてください。


たしかに、60歳で2000万では少し不安ですよね。65歳までは仕事したいですね。
でも、高齢になると若いころより支出は減りますので、年に300万くらいで充分生活できます。

例えば、65歳で仕事を引退して、65歳から年金がもらえるとし、老後の年間生活費が300万で、90歳まで生きてもいいように考えますと…、
65歳以降の生活費は、300万×25年=7千500万円になります。
これからは、年金を300万(月25万)もらえる人はかなり少なくなるため、不足分は65歳までに貯蓄しておく必要があります。
年金240万(月20万)なら必要貯蓄額は1500万円
年金180万(月15万)なら必要貯蓄額は3000万円
年金120万(月10万)なら必要貯蓄額は4500万円

公的年金があてにできない時代、個人年金などへの加入も考えつつ、貯蓄を少しでも増やしておくことが求められる時代です。
65歳時点で、できれば3000万程度を目標にして月々の貯蓄額を決めるといいと思います。
とりあえず、各年齢の時点で、下記データの平均貯蓄額を超えることを目標にしてください。

《参考資料》
年齢別の平均貯蓄額(楽天発表の2011年ランキングより)
30歳の平均貯蓄額: 4,967,000円
35歳の平均貯蓄額: 7,153,000円
40歳の平均貯蓄額: 8,491,000円
45歳の平均貯蓄額: 9,670,000円
50歳の平均貯蓄額:12,063,000円
55歳の平均貯蓄額:18,713,000円
60歳の平均貯蓄額:21,944,000円

「老後の蓄え」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

erojii68さん

2013/2/214:21:07

中小、零細企業に勤めてきた人なら定年時にその程度の貯金すら
持たない人はたくさん居ますよ。

当然年金を貰うようになっても大企業を出た人や公務員だった人から
比べると年金額も少ないですがそれでもなんとか老後を工夫して
生きて行くんです。

年に450万の生活なんて当然及ぶべくもないですが200万程度の
年金とわずかな貯金でも生きるだけはちゃんと生きて行けます。

誰のせいでもなく自らの歩んできた歴史でそうなってるんだから
甘い考えなんて出来ないと初めから覚悟して老後に入るのです。

日本人の半数以上はこの程度の生活で老後を過ごすのです。

まァあなたは若いんでしょうからその時になって慌てないように
今から十分な対策をして生きてください。

私は75歳になりますが僅かな年金と少々の稼ぎですが実に
平和な老後を送っています。

一番の楽しみは3人の孫にお小遣いを上げたり何かを買ってあげる
事というようなささやかなもんですがこれで十分幸せです。

考え方次第で人間はいかようにでも楽しく生きられるのです。

goman_yasubさん

2013/2/210:41:10

厚生年金に加入していないと厳しいですね。
ついでに、60歳で職を失うと厳しいです。
厚生年金は会社が半分を負担してくれているから利用しない手はありません。
うちは65歳で夫婦共に基礎年金も支給されて、合算で400以上になります。
夫婦そろって20年以上長生きすれば8000万ですねぇ。
2000万あれば、毎年100万の赤字ですね、これが厳しいかも。

編集あり2013/2/311:08:56

とはいえ、5000万も遺産があると、相続税が数百万かかってきてしまうって方向に民主党が考えて、自民党もそれにのっかかってしまっているのが最悪ですね。

大多数の人は60歳になっても親が未だ生きていますので、親の年金と合算して生活できているんだと思います。そうでなければ60歳で貯蓄2000万なんて少ないことはないはずです。

tonogayafallさん

編集あり2013/2/311:11:55

当方、昨年夏定年退職しました、無職64歳です、厚生年金受給していますが、蓄えは
6000万円程度あります、
厚生年金200万円程度(毎月17万円)、その他に企業年金と株式配当金が有りますが
老後生活に金銭面の余裕はありませんね、毎日毎日が節約第一で暮らしております、
食費と病院通いの支払い以外は出費はしません、
尚、蓄えは定年退職金と満期保険金です、それまでは貯金はありませんでした。

補足拝見しました、
人間はその時その時を充実した生活を過ごさなければ、
人生としての意味合いがありませんね、老後生活の為に
お金を使うことに対して消極的な人間では生きている意味がないように感じます、
質問者さんはそこを良くお考えになり、有意義な人生を過ごしてください。

melody_mamaさん

2013/2/205:52:45

年収450万って?年収って、税込みなんで、
手取りとかなり差があります。
ちなみに、サラリーマンの平均年収が、このラインくらいですが、
平均というのは、人数的に多いものとは限らないので、
人数的に多いラインは、年収300万円代のラインです。
手取りは、ざっくり200万~250万でしょうか。
ですから、実際、手元で、使えるのは、月均等ですと、20万くらい。
20代後半から30代の方はこのぐらいの年収が一般的です。
老後も、このラインで、生活するか、これ以下の生活レベル
手取り年間250万× 20年=5000万くらいが、現実的なところのように思います。

ちなみに、国民年金1号被保険者で、老齢基礎年金だけなら、
平成24年度年金額786,500円(満額)です。
夫婦2人分で、1,573,000円です。
厚生年金、老齢厚生年金のある方は、これより、多くなりますが、
老齢厚生年金は、報酬比例なんで、給料の多い人ほど、多いです。
少ない人は、少ないです。
年金額については、ねんきんネットや、ねんきん定期便などで、確認できると思います。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/n_net/index.jsp

貯蓄と年金で、足りないと思うなら、
60歳以降も、再就職とかして、
それは、もう、働ける限り、働くのですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。