ここから本文です

クワガタの種類によって幼虫の育て方、マットが変わってくるのだと思いますが、こ...

fbj********さん

2013/2/223:37:37

クワガタの種類によって幼虫の育て方、マットが変わってくるのだと思いますが、このタイプのクワガタはこうだ。と言うのを教えてください。

補足ザックリとした質問をしてしまい申し訳ありませんでした。

閲覧数:
261
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2013/2/513:16:02

質問者様の意味が良く判らないのですが?
自分はオオクワガタなので菌糸の飼育ですが、メーカーによっても血統によっても選ぶ物が変わります。
例えばオオクワガタの森田血統なら三階松さん、能勢YGなら銚子オオクワガタ倶楽部か神長さん、久留米ならマツノさんと色々変わってきます。
なのでノコギリクワガタと一言で言ってもマットの種類が沢山あるので説明のしようが無いです。
例えば根食い系のクワガタは発酵系のマット。
しかしニジイロクワガタなどは発酵が進んでいて粒子が細かいマット。
それ以外は発酵があまり進んでいないマットしか言いようがないです。
せめてなんのクワガタか絞った方が良いです。

質問した人からのコメント

2013/2/9 10:48:11

降参 moriyuki4949さん
後半の部分を聞きたかったのですがご迷惑おかけいたしたした。

ご回答いただいた皆様ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dabradさん

2013/2/322:31:32

成虫メスの大あご形状や前脚脛節形状は
その種の産卵場所や方法、幼虫が育つ環境などを知るための助けになります。

その形状を2つのタイプに大きく分けてみます。

図Aのような細目で単純なタイプは朽ち木に好んで産卵します。
朽ち木を削りやすい大あご形状です。
オオクワガタ・コクワガタ・ヒラタクワガタ・ノコギリクワガタ類など
飼育マットは木質が残っている程度の発酵度合で問題ないと思います。

図Bのような太目でやや複雑なタイプは
良く腐食分解された朽ち木やその周辺に産卵します。
木の根際や よく腐食した朽ち木、フレークなどに潜りやすい形状です。
ネブトクワガタ・ミヤマクワガタ・マルバネクワガタ類など
飼育マットは木質があまり残らない、或いは土化したフレークなどが適合します。

成虫メスの大あご形状や前脚脛節形状は
その種の産卵場所や方法、幼虫が育つ環境などを知るための助けになります。...

fuj********さん

2013/2/312:43:05

回答が単発で申し訳ないですが
根食いタイプのクワガタにはマットがいいというのは聞いたことがあります。

gw3********さん

2013/2/301:08:59

ミヤマ、マルバネ、ネブト以外の種なら2次発酵マットで管理すれば飼育その物は可能です。ミヤマ、ネブト、マルバネは黒いようになっている3次発酵マットのがよいです。よく言う完熟マットなどです。自分の使っているマットはほぼ全種のクワガタ、カブトに適応しています。(きのこマット)です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる