ここから本文です

相続税の課税価格の端数計算について 相続税の申告書第1表の⑥課税価格について...

yjt********さん

2013/2/517:52:55

相続税の課税価格の端数計算について

相続税の申告書第1表の⑥課税価格について、⑥課税価格は1,000円未満切捨てとなっているので、「各人の合計額」の⑥課税価格と「財産を取得した人」の⑥課税価格の合計と合わな

い場合(端数の分だけ合わない)があると思いますが、無視してよいのでしょうか?

閲覧数:
1,259
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pek********さん

2013/2/521:56:06

確かにそんな事が起こりえますね。
1000円未満の切捨て額が少ないときに発生します。
各相続人の支払額は100円未満切捨てですから、後は税務署の判断でしかないのではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2013/2/9 20:47:47

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる