ここから本文です

鑑札がなければ釣りが禁止されている河川と、そうでない河川の違いは何ですか? ...

shi********さん

2013/2/1222:03:42

鑑札がなければ釣りが禁止されている河川と、そうでない河川の違いは何ですか?
(漁協の利益となるからか)釣り人が好む対象魚がいるか否か?

禁止されていない河川ならば、鮎を釣ってもいいんですか。

閲覧数:
3,616
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tuu********さん

2013/2/1304:57:16

河川または流域に於いて漁業資源となる魚を放流している内水面漁業協同組合があるかどうかで漁業権が設けられているからです。
認可は県が行っていますよ、
小河川では放流事業を行っても魚が大きくなりにくく資源として価値を見出せない場合は漁協が設置されることはありません。
放流事業にかかる費用を回収できる見込みがないからです。
そんな河川では県の条例に従い解禁日が設定されることになりますよ。
例えばこんな感じです。
・ヤマメ、イワナ4月1日から9月30日まで
・鮎6月14日から10月14日まで
県の農林水産部水産課内水面係などで各県の漁期間が公表されていると思いますのでそちらを確認してください。
質問にある禁止されていない河川では禁止期間・漁法を行わない限り自由に魚を釣ることが出来ますよ。
私の地元でも自由に鮎を捕ることが出来る河川が幾つもありますので鑑札の要るような河川へは行きません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kaw********さん

2013/2/1400:33:20

まず最初に、内水面漁業協同組合(以下漁協)は、漁業資源となる魚を放流している魚種に対して漁業権を設定し、鑑札を発行して釣りを許可していますので、「鑑札がなければ釣りが禁止されている魚種」は存在しますが「鑑札がなければ釣りが禁止されている河川」は存在しません。小河川とか中河川とか川の規模は関係ありません。「鑑札がなければ釣りが禁止されている河川」がもし存在するなら『河川』ではなく「鑑札がなければ釣りが禁止されている区間」として期間限定C&R区間だったりします。

「鑑札がなければ釣りが禁止されている河川」が存在するなら、ラージマウスバスやスモールマウスバス釣り、ナマズやニゴイ、タナゴ釣りなどはほぼ全国で禁止ということになります。これらの魚種は漁協に因る放流事業は行われていませんから、川に漁協が存在しても鑑札は不要で、期間に関係なく通年釣りを行えるのです。

質問者さんの質問の文面の中に『鮎を釣ってもいいんですか』と書いている事から質問の内容を察するに、『鮎釣りをする際に、鑑札がなければ釣りが禁止されている河川と、そうでない河川の違いは何ですか?』であると解釈するなら、答えは単純で、漁協が存在するか否かです。漁協は鮎を認定魚種として県に登録をして放流事業を行っているので、鮎釣りをする際には鑑札が必要になります。仮に漁協が存在しても鮎を認定魚種としていないのなら、放流事業も行っていませんし、鑑札は不要で鮎釣りができます。

また、各県には内水面に関する条例が定められており、その範囲に準じて漁協が独自の規則を設定しています。漁協が存在しない河川では、内水面に関する県条例が適応されますから、鑑札は不要ですが、条例で定められた禁止事項&漁法を遵守しないといけません。

yuf********さん

2013/2/1222:22:53

漁協のあるなしというのが一番の違いだと思います。

私の地元にも、どこの漁協にも属していない川があります。夏場は鮎を取り放題です。
しかし、その都道府県の内水面漁業規則(多少名前が違う場合あり)には従う必要があります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる