ここから本文です

建築基準法施行令第114条の防火上主要な間仕切り(床の制限について)。

pet********さん

2013/2/1418:25:08

建築基準法施行令第114条の防火上主要な間仕切り(床の制限について)。

令第114条2項にて、児童福祉施設等のその防火上主要な間仕切りは準耐火構造とし、小屋裏または、天井裏まで達しせめなければならないですが、

仮に、建物が2階建ての場合、その防火上主要な間仕切りの接する一階の天井(2階の床)も準耐火構造にしなければならないのでしょか?

条文からは、読み取れないのですが、必要な気もします。

教えてください。宜しくお願いいたします。
(仮に参考となる図書があれば、教えて頂けると助かります。)

閲覧数:
1,702
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ボブの父さん

2013/2/1420:43:03

☆、二階建てで耐火を要求しない建物は、準耐火構造で一階か二階の床から
゛゛゛小屋の野地下地まで裏、又は、二階床裏の下地まで壁に隙間なく施工でOK。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる