ここから本文です

ポンカンについて

riv********さん

2013/2/1822:46:44

ポンカンについて

温暖な和歌山の柑橘類栽培の適地なのですが・・・
高齢化の為栽培放棄(約2-3年)になっていたミカン山にポンカン沢山なっていたので収穫、涼しい倉庫の中(風通し有り)で1ヶ月追熟したのですが、

近くの産直で購入した物と比べると
添付画像の左:産直(濃厚な甘味で果汁も十分)、右:問題のポンカン

①酸っぱさは抜けているが甘味が物足りない感じ。
②果汁が抜けて薄皮が萎びている「ス上がり」状態?
③表皮のオレンジ色もやや薄い。
④種もほとんどの袋に入っていて多い。

下記サイトの専業さんが指摘されているポンカンの性質がモロに出ているようです。

http://ameblo.jp/cdydf575/entry-10431776204.html


肥料もやらずほとんど世話もしていないので当然かもしれませんが、美味しいポンカンを栽培/管理するポイントなど教えて下さい。
よろしくお願いします。

参考まで
http://blogs.yahoo.co.jp/kinokawanosoba/8409241.html

ポンカン,産直,専業,果汁,甘味,果実,剪定

閲覧数:
461
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

den********さん

2013/2/1900:16:10

写真拝見しました。右の果実はみごとにス上がりしてますね(^^;) これじゃ味が悪いはずです。
ポンカンは収穫適期を過ぎるとス上がりしやすいので、果皮がオレンジ色になり、へたの緑色が抜けたら収穫しましょう。

釈迦に説法かとも思いますが、高知県の栽培カレンダーを貼っておきます。
http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=5518
この中で、美味しいポンカンを作るポイントは、まず摘果でしょう。ポンカンの果実は初期生育が遅く、8月半ばまでは他の柑橘類より小さいですが、7月末頃に1回目の摘果をし、葉40枚に対し果実1個を目安にしましょう。
また、果実を甘くするには夏肥(6月)を欠かさないこと。
もっと糖度を上げたければ、9月~11月に掛けてマルチシートを地面に敷き、雨を遮断する(ただしかん水が必要になる)ことも方法の一つです。
ちなみに枝が密生しやすいので、せん定で採光・風通しを良くすることも大事です。

質問した人からのコメント

2013/2/19 11:06:28

成功 早速のアドバイス、又詳しい栽培カレンダー有難うございます。
大変参考になります。
しかし美味しい物を作るには手間暇かかりますね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる