ここから本文です

ギリシャの財政破綻と、2004年のアテネ五輪はどれくらい関連性がありますか?

kin********さん

2013/2/2309:54:17

ギリシャの財政破綻と、2004年のアテネ五輪はどれくらい関連性がありますか?

閲覧数:
5,635
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

les********さん

2013/2/2310:06:26

大まかな流れでいえば、もともとEUに加盟する財政条件を満たしていなかったギリシャに、投資銀行(たしかゴールドマン・サックス)が接近し、書類が通るように、債務の証券化や会計手法で条件をクリアさせ加盟。

そしてギリシャは90年代後半にアテネ五輪への野望と、EUの地域通貨ユーロへの加盟を並行して準備。アテネが開催地に決まるとユーロに移行をする。ユーロ債権は旧通貨ドラクマより、知名度も金利もよいので資金が外国から集まっていき、その金でオリンピック会場や必要なインフラのほか、豪勢な観光スポット(ハコモノ)も建造。
そしてオリンピックの2004年まで突っ走る。
ここまではよかった。

しかしオリンピックが終わってみると、過剰投資やハコモノは維持費で大負担に。
なぜならオリンピックが終わってしまったギリシャでは、古代ギリシャ遺跡のほうが観光客には人気で、収入が途絶えた。

それでも数字をごまかしていたのが、2009年に就任した首相ジョージ・パパンドレウが、もうこんなことを続けていてはだめだと動き出す。
そして「ギリシャを立て直す」と、2010年年明けそうそうに宣言しました。
http://www.youtube.com/watch?v=qrmQKBYeafc

金融業界は前年からもう気づいていましたが、世界的にはここが現在のギリシャ不安が露呈した始まりでした。

質問した人からのコメント

2013/3/1 09:44:06

降参 分かりやすく教えて頂き、ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる