ここから本文です

1000万円の家財保険に入っています。もし、家が全焼してしまった場合は、1000万円...

アバター

ID非公開さん

2004/6/1422:38:40

1000万円の家財保険に入っています。もし、家が全焼してしまった場合は、1000万円以内の家財は保証してくれると思っていますが、火災に遭う前に契約者がどのような家財を持っていたかは、どうやって証明するのでしょうか?

実は持ってもいないのに『あんなものも持っていた』などと、言い張ることは可能でしょうか?

閲覧数:
1,056
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2004/6/1605:22:41

保険会社にはマニュアルがありまして世帯主の年齢と家族構成
年収等で平均の財産を算出してます。かなり細かく年収1000万円以下でしたら平均6万円のアクセサリー7個とか認めています。
あれがあったとか主張するには販売した所の販売証明をもらうとかが必要ですが必ずしも認めてくれるとは限りません。損保調査会社がかなり厳しい調査をしているようです。他の方が回答されていたように高額な物は写真を取っておくとか保証書を銀行の貸し金庫などに保管しておく事も防衛策でしょう。
一般の家財は新価特約つけられますが、明記物件30万円超の一個
または一対の宝飾類、書画、骨董は時価評価になりますので、注意が必要です。最後に実は持っていない物を持っていたと言い張るのは、犯罪です。保険金詐欺になります。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2004/6/1508:59:51

基本的には、事故後の状況証拠と自己申告が合致しているかの調査となります。(書画、骨董品などは予め明記物件として契約する)全焼(修理不能)であれば契約金額分の保険金が出ます。が、契約内容により、時価契約であれば時価額(現在価値)ですし、新価契約であれば再調達価格になりますので注意が必要です。
それと、家族の異動があった場合、家族が増えれば家財の量も増えるわけですから、その分の保障額も増額しないと付保割合が出てきてしまうので、現在の保障も含め、1000万円が妥当かどうか確認する必要があると思います。
(例)約款に明記されていると思いますが、
損害額×(加入金額÷{再調達価格×80%})が保険金になります。

アバター

ID非公開さん

2004/6/1423:20:38

先日保険会社に言われたのは、エクセル書式で家の中にある物全ての名前と購入時の価格を列記しておくこと。

鉛筆一本、消しゴム一個でも書くこと。

アバター

ID非公開さん

2004/6/1423:09:59

家の柱が基準になるらしいのでどう見ても全焼していても柱が残っていると半焼などにされるらしいです

アバター

ID非公開さん

編集あり2004/6/1422:41:11

全焼なら限度額一杯は出ると思いますよ。半焼なら燃えカスから判りますしね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる