ここから本文です

ご質問されたものに逆質問です。 ほかの方もこたえられる範囲で結構です。

ぐたぐたさん

2013/3/317:43:39

ご質問されたものに逆質問です。
ほかの方もこたえられる範囲で結構です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010301590...
に関してですが、もし経営者だったら
「利益優先」にしますか?
それとも「お客様に還元」しますか?

ほかの方はこのリンクの質問者さんの気持ちに立ってこたえてみてください。^^

補足iitosannyoさんへ>もし、あなたがリンク先の質問者さんのような質問をした場合、どう感じるかです。

ほかの方>利用する立場からすれば本当に安いものに乗りたいのは私としても、そうしたいです。
でも、経営者として考えれば、利益を最初にどれだけ積むかによりますよね。

締切時間ぎりぎりまで受け付けたいと思います。

閲覧数:
441
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pit********さん

編集あり2013/3/423:58:36

面白い質問ですね。
私的には趣味人として鉄道が好きなので、「お客様に還元」するのが良いとは思いますが、実質「株式会社」でありしかも「上場企業」ですから、投資している株主がそれを許すはずも有りません。
株主が「鉄道趣味」の人ばかりで構成され上場されていないのであれば話が違ってくるとは思いますが、まあそう言う形態で有ったとすれば、それはそれで「公共交通機関」とは言えないでしょう。

このカテでも「行程丸投げ質問」が多く、実際旅行に行く場合でも時刻表すら見た事が無い、なんて人の方が実質は多くて、高額だと思っても自分で安い方法を見いだそうとしない人が増えれば増える程、JRもサービス的料金を複雑に提供しても、ほとんど売れない、と言う事になってしまうんだと思います。
またローカル線や乗車率の低い線区に対する広告や乗車啓蒙をするより、ほっておいても儲かる部分に力を入れておいた方がラクです。
会社としては、収益が見込みにくい古い路線は、出来るだけ早くやめたい、と言うのが本音だと思いますが、嘘でも「公共交通機関」を名乗っている以上一気には出来ないので、無理にでも連絡を悪くして各駅停車の乗車率を減らし、廃止をちらつかせて自治体から金を取る行為に成って来ています。

一部のちゃんと理解している顧客が「嫌だなぁ」と思うだけで、たまにしか利用しない長距離移動客や、経費は会社持ちで移動しているビジネス客の場合は、大回りに成ろうと料金が上がろうと「仕方が無い」と鵜呑みにして居るケースの方がはるかに多いのでしょう。
JRとしても親切にすればする程、自分の首を絞める事になったり、社員に複雑な業務を課す事になり、余りメリットが無いと言う感じに見えるんだと思います。
結局鉄道料金に限らず、消費者が把握出来うる情報はそう多くはなくて、しかも基本的知識はほとんど持ち合わせていないのが「消費者」ですから、どのような還元スタイルであっても、還元されない面から見れば文句に成る可能性はありますよね。

質問者さんの気持ち」からみれば「取り過ぎ」で、それはまさにその通りなんですが、実際その料金や企画を考えている人たちが「詳しい利用者」で無い以上、「リピートしている顧客側」からどう見えているのか?は残念ながら議論にも成らないと思います。

-追記-
新幹線をはじめJR料金が上がっていない、というのはちょっとした勘違いです。
JR以降も二度程運賃改定をしています。
ただそれ以上に東北新幹線から秋田新幹線などは、明らかに遠回り乗車で運賃を多めに取っています。
また長距離特急を無くして、同じ経路を二本三本の特急乗り継ぎにして、二倍三倍の特急料金を徴収して来ています。その上新幹線の新特急新型車が出る度に「特別料金」では「ぼったくり」と言われても無理からぬ事だと思います。
あと大幅値上げが無いと言う意見も有るかもしれませんが、物価に比べてJR発足時の運賃が異常に高かった、と言う事も言えます。また平成4年以降大卒者の初任給はほぼ横ばいないし下落している時も有ります。

私的には、距離運賃もこれだけ三セクで分断されて意味を成さない線区も多いし、遠回り乗車もさせられる状況で、抜本的に見直した方が良い様に思っていますし、特急料金こそ通算距離にした方が良い様にも思います。
JRが一部のカード保持者だけに割引料金で提供しているチケットにも問題が有ると思いますし、その補填は現金使用者がするのでは、日本銀行券よりJRカードの方が値打ちが有る、と言う事にも成りかねない状況で、これは高速道路のETCにもあてはまる話です。

国の交通インフラを考える上で、「鉄道」「道路」は基幹に成るべき事業です。株主優先でもなければ顧客優先でもなく、国としての発想でやってもらわないと困る事もでてくるでしょう。
国鉄で出た歪みとは別の、民間による分断や儲け主義による歪みは既にかなり出て来ている様に感じます。
JR各社はそれ自体独占的企業体です。競争する訳でもないので、そろそろ一社化してもいい時期だと思います。

質問した人からのコメント

2013/3/6 17:14:11

これ以上の回答がないようですので、文面から判断してBAさせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iit********さん

2013/3/411:02:45

サイトを見ましたが、何を聞きたいのか、何を答えていいか分かりません。
それと、「利益優先」と「客に還元」は相反するものではありません。目先の利益にとらわれていたら客は逃げ、結局利益が得られないことになり、客に還元するのは結局は利益につながります。こんなこと言うまでもないですが。ただ、JRだからほぼ独占的だから選択の余地がないと思われるでしょうが、格安航空運賃、高速バスなどが進出してきていますので。
東海道新幹線と上越新幹線を比べていますが、何もボッタクリとは、思いません。建設に要した金額が大きく違うこと。また、東海の方は利用道度が高く収益性が高い。ですから、逆に東海の方は安くして、客に還元していると言えます。諸物価が上がっている中、新幹線料金が上がってないのは、それだけ還元されているとも言えます。

Yahoo!トラベル Yahoo!トラベル利用者からの投稿(参考ページ

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/3/322:22:56

私なら経営者ならお客様第一主義なので
どちらを最優先すると言われれば
お客様ですが
もちろん利益を頂く為にお客様にサービスを提供するわけですから
どちらも重視します。
あくまでもどちらかというなら
赤字にならない(ある程度の黒字が見込める)ならお客様還元
ですかね。

商売で一番大事なのはお客様です、株主様という方もいますが

私は

お客様 → 株主様と代わりがいない能力がある労働者 → いくらでも代わりが雇える能力の労働者と考えます。


あーーーすいません、その質問の方にたいしてですね。
大企業の経営者になる事はありえないので
大企業であるなら利益最優先かもしれないです。

それほど大きくない企業で経営する(可能性があるもの)でしたら
お客様第一主義

大企業を経営する(ほぼ0%の可能性)なら利益最優先かもしれません。
利益最優先でもJR西日本や東京電力のように大きな事故を起こすと
一気に兆円規模の損害賠償になるので
ある程度の安全投資はするでしょうけど。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる