ここから本文です

仏教は何故たくさん宗派が? 仏教徒の方々は 本音はどう思ってるのか? 素人の...

uzu********さん

2013/3/618:31:26

仏教は何故たくさん宗派が?
仏教徒の方々は
本音はどう思ってるのか?
素人の自分は権力争いの結果と思ってる
普段見る仏教は娯楽としか感じない
違うのは血縁者の葬儀の時だけ
でもそれも葬儀社のボッタクリの為に不信感

閲覧数:
274
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/3/623:59:16

まあ宗と派にわけて考えれば、
宗は所依経典の違い、つまりテキスト選択の違いで生まれ、
派は権力などの利害対立か、
経典への解釈対立か、どちらかで生まれてます。

主に、利害対立で分派するのが真言宗で、
解釈対立で分派するのが日蓮宗ですね。(笑)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

NESSさん

2013/3/619:03:09

キリスト教には公会議があり、国で教義が統一されていたので、宗派の分裂はすぐには起きなかったのです。仏教の場合、国での教義統一の会議がないので、それぞれの解釈で宗派がわかれました。また、時代、地域が求めるものに応じて教義をかえないと、その時代、地域の人を救えないので、宗派の分裂があったからこそ長い歴史を持ち、継続されてきたのです。本来の仏教の教義は何か、それは学者に任せましょう。

sto********さん

2013/3/620:03:15

厳密には、みんな「仏教である可能性」でやっているんですよ。

様々な宗派があるのは立教された方々が居て、その宗旨なりの考え方に賛同したり等々、「不確定要素」を前提としてやってるんです。
そう言った歴史の中で何時の間にか葬儀等も定着して行って、当たり前に行われるようになったのです。

仏教は中国経由で日本に入りましたが、中国以前まで遡れば、仏教に葬儀はありません。
更に言えばお釈迦さんが直接「書き残した経典すら無い」のです。

様々な教えの中から、「これ」とした宗教を頼りに修行する。
神道の神葬祭とて歴史はまだ長くは無く、葬儀は残された方々のためにあるんじゃ無いですかね。

嘘が目的では無く、優しさからですよ。


もちろん葬儀屋さんは商売ですから、矛盾を孕みつつもその限りではありませんが。


ただ、基本的にはその宗派に道を求めて何れかの宗門にはいるもので、こぞって門徒を集める性格では無いのです。

つまり、こぞって信徒を集める新興宗教などは論外です。


ですので、ご遺体の移動や埋葬場所以外は法的な縛りも無いんです。

たぶん、分かってる先人さま方々も居たんじゃ無いですかね。

jyo********さん

2013/3/707:54:53

お釈迦様が、自分の教えを信じる人も居れば、謗る人も居る。本当の教えが在っても縁無き衆生は度しがたし。ですから、違う解釈をする人が居ても業ですからしかたないのです。だからお釈迦様が教えた法が本物になるのです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる