ここから本文です

ご回答ありがとうございます。一読して純文学論だと思いましたが、最後に娯楽と結...

c_3********さん

2013/3/822:16:05

ご回答ありがとうございます。一読して純文学論だと思いましたが、最後に娯楽と結び付けてしまう所に無理があると思います。生命維持の行動と乖離していると、なぜ「遊び」なのでしょうか? 純

文学の「歓び」の方が適切では?

ここで一般論をお示しします。至文堂出版、88年版文芸用語事典から引用します。
「大衆文学とは、一般的にはいわゆる純文学に対立する通俗文学のことで、多数読者の興味を主眼としてその要求に答えるための娯楽読み物とされている」

また、読者に苛み、苦しみのみを与える小説は、あります。2つの大戦を経てフランスを中心に興った文学です。それらでは最後には、言語までもが、やり玉に挙がるのです。
そもそもの質問者が高校生であること、ju_enhage様のご回答に「一般には」との記述があったため、あえて苦言を呈した次第です。

補足事典とは、どのような過程を経て編集されるか、ご存じですか? 項目別に適任者に執筆を依頼し、監修者、執筆者、出版社の方も含めて、内容を吟味し、初めて世に出されるのです。無論、絶対に正しいわけではない。特に文芸用語事典は、版を重ねる度に、誤りあれば訂正されます。事典の内容が、御説と逆であるのはお認め頂けますね。あとはやり取りを読まれたかたに判断していただいては、如何でしょうか。特に最初のかた、見てね。

この質問は、ju_********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
282
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ju_********さん

リクエストマッチ

編集あり2013/3/1407:14:05

【補足拝見】
事典編纂は仰るとおりでしょう。その事典に書かれているのは認めます。
もとより考えを変える気も、c_3_3_readingさまを翻意させ得るとも考えておりません。
仰せのように、閲覧される方々に判断を委ねるのが良いでしょう。

意義ある対話ができたこと、嬉しく存じますm(_ _)m

=======

c_3_3_readingさま、こんばんは^^

ワタクシは無学なので、「一読して純文学論だと思いましたが」と仰られても、
「ほう、そうなんですか」としか申し上げようがございません。
なにやら「遊び」という語に過剰反応されているようですが、別に「遊興」という意味ではありません。
ことばの捉え方が、ちょっと狭いように思われます(「娯楽」の捉え方と同様の偏狭さが感じられます)。
もちろん、「歓び」であっても、全然構いませんよ。
念のため↓
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%81%8A%E3%81%B3/

「一般論」の例をお示しくださり、ありがとうございます。
しかし飽くまでも「事典」上のこと、便宜的な記述であるとワタクシは捉えますね。
まんまを鵜呑みにするのは、ちょっと素直に過ぎやしませんか。
c_3_3_readingさまのように、思考・論議を楽しまれる方が……と、寧ろ不思議に感じてしまいます。
まして、「文芸用語事典」というもの自体が、あまり一般的ではないように感ぜられる。まぁこれは個人的な感想です。

例えば、wikipediaを見ると、「対立する」「対義語」などとは明記されていないです。
また、大衆文学と純文学との区分が曖昧である旨も記述があります。
ご参考↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E6%96%87%E5%AD%A6
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A1%86%E5%B0%8F%E8%AA%AC

それでもなお、ワタクシの「一般的」という語の選び方がお気に召さないのでしたら、「通説では」というのはいかがでしょう?
ワタクシは学問が苦手ですので、論文やら事典やらで資料を提示することはできないのですが。
手元にあるものでは、
河野多恵子×山田詠美『文学問答』(2007年)
において、純文学は質の高いエンターテインメントを供するとの発言があり、また、
丸谷才一氏へのインタビューを書籍化した『文学のレッスン』(2010年)
によれば、氏は、純文学と大衆文学との相違を説明するのに、対立と言う概念を用いず芸術性や個性といったことばを(便宜上)使用されるとか。
或いは、
倉橋由美子著『あたりまえのこと』(2005年)
をご覧いただくと、gureneko1577さまのご回答のようなことに触れています。

で、質問者が高校生だと、なぜ「対義語」であることを否定してはいけないのでしょう?
彼自身、娯楽以外の小説があるのか?というように質問の形を変えて補足なさっています。
それに対しワタクシは「私見」と断り書きを入れておりますし、他の回答も多数寄せられています。
高校生は、社会経験は子どもかもしれませんが、思考・論議に関してはなかなか侮れません(ご自身の高校生時代を思い返してくださいよまったく。ワタクシはアホウでしたが、c_3_3_readingさまはいっぱしだったように思われます)。

残念なことに、あの質問http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310292086...
では、質問者さまへの回答ではなくワタクシへの批判が寄せられるという、質問者さまの予想していなかったであろう投稿がありました。
ゆえに、彼は「最初に回答した」という理由だけでやむを得ずワタクシをBAに選びはしたものの、本当はもっとじっくり考えたかったことと存じます。
知恵袋の仕組み上、自分で選択しないと投票に委ねられてしまうので、仕方なかったのでしょう。

実はワタクシは、あの回答群から「正解」を選ぶならば、pontakun2bさまのお考えがいちばん相応しいのではないかと思っております。
公平ですし誠意があるように思います。
(ワタクシ自身、真剣に回答はしておりますが、頑迷さを捨てられません)

いちばん間抜けなのは、「学問があるから」「賞があるから」娯楽ではないという意見。笑止千万です。回答になっておらず、質問者さまに失礼です。
「壮絶な悲しみや涙」がなければ、この方にとっては芸術足り得ないのね。
愛の歓びや季節のうつくしさなどを表現したものは、芸術ではないと仰るのかしら。

最後に、gureneko1577さまとの知的なやり取りを実に興味深く拝見しました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410330042...
ただ、途中でc_3_3_readingさまは大人気なかったです。
せっかくの知性をご自身で落としてしまわれた。
どちらのご意見が正しいかは、それぞれの見解だから摺り合わせはできないかもしれない。
他の閲覧者の方も、どちらの意見にも同感を抱いたり批判を感じたりすることでしょう。
しかし、礼を失した時点で、善意の第三者たる閲覧者さまは、c_3_3_readingさまの意見をすら、正しくないものと看做してしまう恐れがあります。
残念なことです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる