ここから本文です

例え、無職でサイドビジネスやアフィリエイトで年収1000万稼いだとしても、会社に...

kim********さん

2013/3/1023:02:34

例え、無職でサイドビジネスやアフィリエイトで年収1000万稼いだとしても、会社に勤めて働いて保証された人生を送った方がいいのでしょうか。

現在、企業で働いている新入社員です。
私が社員になる前、多くの先輩社員が不況のあおりを受け、リストラされた現状を目の当たりにして、東証一部の企業、または良い成績を出していても、企業に所属している恩恵が受けられない印象を感じています。

故に将来は例え企業から離れたとしても自分で生きていける人間に成長したいと思っているのですが、企業に勤めている今でもどんな方法がいいのか分からないでいます。

最近話題になっているアフィリエイトやサイドビジネスなど今は見ていますが、正直たとえ、安定しない収入であっても、もし一応人生が終えるまでのお金を得たら、辞めても大丈夫なのか判断できないでいます。

税金や不景気、または予想外の出来事が行った場合、会社に所属している人だと企業が助けてくれるという話を良く聞きます。

企業に勤めているとどんな恩恵が受けられるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
996
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

riv********さん

2013/3/1114:41:35

私は脱サラした身ですが,やはり組織の中にいるのと,そうでないのとでは,社会性が違うと思います。
あなたが,お金さえ得られればいいとういことであれば,必要な金額を達成したら辞めればいいと思います。

確かに,法人格のある会社で働いていれば,かなりの程度個人のリスクが軽減されます。
例えば,営業マンが何かミスをしても,その個人が訴えられることはかなり低くなり,法人として訴訟されても,
その分野のプロフェッショナルが社内にいれば,大きな問題とはなりません。
社会保険の部分でも,国民年金を個人で払うよりも,会社負担のある厚生年金の方がお得等等,
確かにリスク軽減の意味での会社への所属には意味があります。

ただ,これらはあくまでもお金の問題ですよね。別に福利厚生がなくても,それに相当するだけのキャッシュがあれば問題ありませんし,景気がよかろうが悪かろうが,お金があれば事足りるので,あなたの心配がよく分かりません。
もし十分なお金があれば,福利厚生だろうが税金だろうが,景気変動のリスクだろうが全て乗り越えられると思いますけど。

50代の早期退職とかなら御心配も分かるのですが,新入社員が心配することなのでしょうか。
そもそも,まだサイドビジネスでがっぽり儲けたわけでもないんですよね。そういうのを杞憂とはいいませんか。

あと,どんなにお金を持っていたとしても,それを取り崩しながら暮らす人生が楽しいのかなぁと個人的には思います。
組織に所属するということは,社会の一員となるということでもあります。自分が世の中の,もっといえば同僚や顧客の役に立ってるというような実感がないと,家にいるだけで,あるいは消費するだけで満たされる欲求ではないと思います。

質問した人からのコメント

2013/3/12 23:37:14

真剣なご回答、ありがとうございます。ただ会社に依存している自分が怖くなったので、このような質問をしてみました。なにぶん混乱させてしまった面もあるかもしれませんが、返答誠にありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sw0********さん

2013/3/1120:10:02

1000万でいいと決めたなら、自分で企業が受ける恩恵もらうためだけに会社を設立すればいいような・・・。

cos********さん

2013/3/1109:31:29

金や保証のために仕事するの?

一生遊んで暮らせるだけの大金なんて、その総額は誰にもわからないし、手に入る方法も、実際にはないでしょう。
仮に、一次的な大金を得て、それで死ぬまで暮らしていけたとしても、社会からは何の評価もされず、どちらかと言えば馬鹿にされるのがオチでしょうね。
少し以前には、いわゆる土地成金の二代目三代目が、そこらじゅうにうろうろしていましたが、彼らは、金はあっても脳なしが相場で、バブルで、だいたい、まき上げられました。
あぶく銭とはよく言ったもので、そんなものには、一切の安定も保証もありません。

一番の保証は、要は、『実力』でしょう。
『実力』さえあれば、いつの時代でも、自力で仕事をして、社会から稼ぎ出すことが出来ます。
また、『実力』は、決して目減りしません。
まして、その能力を他人が奪うこともできません。

大企業は、そういう人材をつなぎ止めておくための優遇策として、種々の保証を与えているだけのことです。
『実力』がなければ、すぐにでもリストラされることでしょう。

一時所得を稼ぐ能力は、『実力』ではありません。
人を、組織を、動かして、社会的に価値ある物・サービスを、継続的に提供できる能力が、『実力』というものです。
企業は、人・組織を動かして、社会的に価値ある行為を行うことが目的の組織です。
企業の存在意義、企業に属することの意義は、そこにあります<(_ _)>

dad********さん

2013/3/1023:45:31

自分なら副業で1000万円かせげても、つづけられる限りは会社勤務はします。
社会的な信用(銀行ローンなど)のメリットは大きいです。
でも、毎日が耐えられないくらい会社が嫌になったら、辞めますね。お金にこまらないんですもの

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる