ここから本文です

[CTRL]+[ALT]+[DEL]って

yuda1194さん

2006/12/2711:22:53

[CTRL]+[ALT]+[DEL]って

Windowsのログインなどで[CTRL]+[ALT]+[DEL]ってありますよね。
あれって何のためにわざわざあんなことをさせるのですか??

前にセキュリティのためと聞いたのですが、どうセキュリティと関わっているのでしょうか?

閲覧数:
9,300
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/12/2712:54:02

セキュリティ限定で言うと、ログオン画面というのがありますよね。あれを偽装するような悪意のあるソフトウエアが世の中には存在するわけです。
正しいログオン画面でなく、偽装されたログオン画面を仕掛けておいて、入力されたパスワードを盗むわけです。
これを防ぐために、CTRL+ALT+DELを使ってログオン画面を起動します。CTRL+ALT+DELを押してからログオン画面を起動するまでの仕組みには、偽装されたログオン画面を仕組むことができません(CTRL+ALT+DELというアクションは特殊なのです)
このように、CTRL+ALT+DELを使ってログオン画面を起動するようにしておくと、偽装ログオン画面の入り込む隙がないため、セキュリティ上安全であるということなのです。

質問した人からのコメント

2006/12/27 13:20:31

納得しました…そういうことでセキュリティのためなのですね。

他の方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2006/12/2712:00:48

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prodtech/windows200...
以下、該当部分だけ引用します。

------
ログオンに Ctrl+Alt+Del を必要としない

セキュリティの目的 : このオプションを有効にすると、信頼されたパスメカニズムは無効になります。
信頼されたパスメカニズムの目的は、ユーザーのログオンセッションのなりすましを防ぐことです。
このメカニズムは、オペレーティングシステムによって常に Ctrl+Alt+Del キーのシーケンスを遮断し、
他のサブシステムとプロセスがこのキーシーケンスをキャプチャできないようにするメカニズムです。
このメカニズムが無効になっていると、攻撃者は容易にキーストロークロガーを使用して
ログオンインターフェイスに対してなりすまし攻撃を仕掛けることができます。
このため、この設定は決して有効にしないでください。
Windows 2000 コンピュータでは、ポリシーツールでこのオプションが [未定義] と表示される場合がありますが、
既定では無効に設定されています。

推奨事項 : このポリシーを無効に設定します。
------

要は Ctrl+Alt+Del によって出現するパスワード入力ウィンドウは、信用できるということです。
(なりすましの場合は Ctrl+Alt+Del によって出現させることができない)

y15268さん

2006/12/2711:56:28

セキュリティなどはあまり分かりませんが、強制的にシャットダウン&再起動させるコマンドではなかったでしょうか?

golden_pekeさん

2006/12/2711:55:18

ログオン画面までの操作のステップを増やすことで、デフォルトでいきなりパスワードの入力画面にならないようにするためや、ダイアログにアカウント名を表示させないようにしたり、Passport情報をキャッシュしないようにしたりすることでセキュリティを向上させることができます。

外し方
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/using/accessibility/traini...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。