ここから本文です

ゴマすり

pin********さん

2006/12/3115:21:06

ゴマすり

人に媚びたり、お世辞を言ったりする事を、どうしてゴマすりと言うのでしょうか?

閲覧数:
1,384
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

2006/12/3115:27:22

胡麻すりの語源・由来
胡麻をするは、煎った胡麻をすり鉢ですり潰すと、あちこちに胡麻がくっつくことから、人にへつらう意味で用いられた言葉である。
また、商人などの手を揉む仕草が、胡麻をする姿に似ていることから、その仕草を語源とする説もあるが、あまり有力とされていない。
http://gogen-allguide.com/ko/gomawosuru.html

質問した人からのコメント

2007/1/2 12:20:12

成功 どうも有り難うございました。

サイトも参考になりました。

他の皆様も有り難うございました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kat********さん

2006/12/3121:00:07

1850年頃に中国で書かれた『皇都午睡/こうとごすい』と言う本の中で流行語として紹介されている言葉です。
★煎り胡麻を擂ると、擂り鉢の側面や擂り粉木の先に、ぺったりと、まとまって張り付くことからか。
そこから、お世辞を言ってベタベタと媚びることを「ゴマをする」と言うようになった。

よく勘違いされることで「ゴマをする」と言う言葉は、ぺこぺこする人が手をこすり合わせることから「ゴマをすっているようなポーズをするから来た言葉」と思われたりします。
でも実際には、この「ゴマをする」と言う言葉が出来てから陰口をたたく時に「あいつってコレだな」とゴマをすっているポーズなどを取った事から発生したもの。
その後、芝居などで解りやすいように偉い人にこびへつらう人間がこのポーズを取るようになって、次第に定着したものです。

らうんどさん

2006/12/3115:24:28

「人に媚びたり、お世辞を言ったりする」ときの仕草が、体の前で両手をすり合わせるようなものであり、それがゴマを鉢の中でするときの仕草に似ているからです。

おもしろいことに、その仕草は英語圏でもほぼ同じであるようです。ただし英語圏では、「リンゴを磨く」と表現し、「ゴマすり」を英語では「apple polishing」といいます。ゴマをする人のことなら、apple polisher。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる