ここから本文です

フォトンベルトはガセネタですか?

soc********さん

2007/1/311:09:42

フォトンベルトはガセネタですか?

昨年末ビートたけしのTVで「フォトンベルト」で「人類に変化が訪れる」的な発言がありましたが,これは本当なのでしょうか。(文系で物理も化学も勉強していないのでよくわかりません。)

補足ガセだったとしたらつまり何の変化もないということですか?

閲覧数:
58,871
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ody********さん

編集あり2007/1/400:39:14

たまにこの知恵袋でも話題になります。しばらく前に私もこの知恵袋で「フォトンベルト」なるものが話題になっていると知ってちょっと調べてみましたが、これはノストラダムスの予言と同レベルですね。

私がHPなどで調べた範囲ですが、もしこのフォトンベルとなるものが真実であるならば、現代物理学が根底から誤っているということになります。質問者様は文系ということですが、多少でも物理学や天文学に関する知識を持っている人なら、もの凄く滑稽な理屈であることはすぐに分かります。

一つだけ例を挙げますが、質問者様は文系ということですので分かりにくいかもしれませんがお許し下さい。
まず、フォトンベルトの「フォトン」ですが、日本語では【光子】といいます。
 →フォトンベルトに関するHP等を読みましたがこの説を主張している人は間違いなくフォトン=光子の意味で使っています
光子とは光のことです。ここは分かりにくいと思いますが、光とは波であると同時に光子という粒子の流れでもあります。で、光子の重さはゼロです。ゼロであるが故に秒速30万km(=光の速度)で進むことができるのです。逆にいうと、重さがゼロであるが故に遅い速度で進むことができません。

フォトンベルトの「ベルト」ですが、帯という意味で使っているようです。すなわちフォトンベルトを主張する人々は「光子が溜まっている場所を地球が通過する」と言っているようです。
しかし、光は秒速30万kmで直進(←これは正確な表現ではありませんが)するしかできませんので、【溜まる】ことはありえませんし、もしこの主張を認めるのなら光子にはかなり重さがあると認めなければなりません。もし重さがあるのなら現代物理学の根底が崩れます。

他にも例は沢山あります。
分かりにくくて恐縮です。
つまり、「フォトンベルト」の主張と現代物理学とは絶対に相容れないのです。フォトンベルトが正しいと主張することは現代物理学は根本的に誤っていると主張するのと同じことなのです。


ご質問の番組は私は拝見していません。
私は少なくとも現代科学の理論で否定できないもの(幽霊等)については「非科学的だ」などと頭ごなしに否定することはしません。
しかしフォトンベルトについては上記の通り現代科学と真っ向から対立しています。多少なりとも科学を志した者から見れば【幽霊】以上に非科学的なのは明白なのです。


回答ですが、
フォトンベルトは本当ではありません。まぁ、ネタとしては面白いかもしれませんが。
従って、何の変化もありません。


雪国人より

質問した人からのコメント

2007/1/6 15:57:47

やっぱりガセのようですね。ただ,そのようなガセネタはきっと現在の人間の横暴に警告を与えるものとして存在するのかなと感じました。

「フォトンベルト 嘘」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ngc********さん

2007/1/606:35:07

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=138...
過去に知恵袋で回答したものです。

はっきりいって『ガセ』です。

では否定する根拠は?

黄金星雲は誰かがどこかから適当に持ってきたもの。画像の実体はNGC4650Aという衝突銀河。

アルシオーネの周囲を太陽系が2万6千年で周回するというのは、地球の歳差運動(地球の首振り運動)周期を持ってきたもの。

アルシオーネとは、プレアデス星団=すばる(昴)の星のうちのひとつ。
太陽の誕生は約45億年前で、プレアデス星団の誕生は4500万年前・・・どうやって存在もしなかった星団の周囲を周回できるのだろう?
しかもプレアデスにはそれだけの重力を持つ質量は無い。

更に、周回するとしたら450光年掛ける2掛ける円周率で求まる周回軌道の距離を2万6千年で廻らなければならない。計算すれば1年で0.1光年を移動しなければならなくなる。
この速度で移動すると、シリウス・アルファケンタウリなど10光年以内にある恒星は毎年見える位置が肉眼で判るほどに変わってくるはずだが、実際にそのような事実はない。

マヤ暦は256年周期で世界が創造と滅亡を繰り返すという思想で出来ている。
その第5周期の終わりが偶々2012年になっているだけであること。
マヤ暦の周期は地球と金星の会合周期から計算されている。
つまりは、フォトンベルトとは一切関係が無い。

等など、挙げればいくらでも否定根拠が出てきます。

tam********さん

編集あり2007/1/413:07:43

まだフォトンベルトなんて言ってる人が居るコトに、ちょっと驚き桃の木山椒の木。。。。

「フォトンベルト」と言われている物理現象は、存在しません。
この先、フォトンベルトと言われる物理現象による変化なんて、何も起こらないということです。

「フォトンベルト」と言われている心霊現象であれば、僕は否定する根拠を持ちませんが。。。。

scu********さん

編集あり2007/1/603:26:56

「嘘」です。
「人類に変化が訪れる」とか、「滅亡の危機がある」とか、「波動」とか、「NASA(または政府の)陰謀」とか言いだしたら大抵オカルトです。

他の回答者さん同様、
「存在しないものは、地球に対して何らの変化も及ぼすものではない」と言えます。科学では滅多に言い切る事は出来ないのですがこのフォトンベルトは言い切ります。まるっきりのデマ。嘘八百です。

kin********さん

2007/1/312:27:59

天文学的に嘘だらけのオカルトです。

データとしている数値自体がインチキと模造です。

本を売りたい勢力のでっち上げです。
ノストラダムスの予言と一緒で、金儲けのネタです。

参照
http://www.kotono8.com/2004/09/24photon-belt.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる