ここから本文です

下記の中なら今はどれがお勧めでしょうか?

mit********さん

2013/3/1908:16:39

下記の中なら今はどれがお勧めでしょうか?

新生銀行に口座を持っています。その中で
今見ていると下記3つが配当は良さそうなのですが、いかがでしょうか?

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)
http://www.shinseibank.com/powerflex/trust/lineup/greit.html

PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)
http://www.shinseibank.com/powerflex/trust/lineup/hyp_brl.html

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)
http://www.shinseibank.com/powerflex/trust/lineup/usreitb.html

今現在は
2週間満期定期
http://www.shinseibank.com/powerflex/yen/

で運用しているのですが、米国も景気回復ということで、ちょっと挑戦してみたいと思います。

見ているとリスクなど感じないのですが、リスク指数は3~5になっています。

以前、HSBCブラジルオープンなどで痛い目を見ているので、
慎重になっているのですが、
いかがでしょうか?

初心者でもあるのでこれだという判断が出来ません。

識者の方々、アドバイスよろしくお願いします。

補足みなさまご回答ありがとうございます。
ネット証券だと、どこがおすすめでしょうか?

参考↓
http://www.hikaku.com/sec/

やはり楽天証券あたりがおすすめでしょうか?

閲覧数:
1,685
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2013/3/1913:21:34

フェデリティ USリートファンドBかな
新生銀行で購入するのは、ちょっとどうかな??

http://www.surugabank.co.jp/suruga/pc/Fund.do?formNo=30003&fundActi...

スルガ銀行なら ノーロードだよ
ラリートもノーロードだよ
手数料を気にしたほうがよいかも

質問した人からのコメント

2013/3/19 18:32:11

降参 みなさまありがとうございます。

その後皆様のご意見を参考に自分でも調べてみました。

フェディリティ・USリートで挑戦してみたいと思います。

blissmansionさん
が言われる通り、米ドル建てというところや、
kotaro88_2000さん
に教えていただいたスルガ銀行は大変手数料がゼロで
大変お徳で、

スルガ銀行に口座を開設して
挑戦してみたいと思います。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2013/3/1914:09:41

投資の時期が半年遅いですね!

半年前に経済環境の変化に気が付いていたら、良かったのですが・・・・

しかし、まだ遅くはありません。

今後は長期にわたり、米ドル高時代ですから。

しかし、新興国通貨(ブラジルレアル、トルコリラ・・・・)の未来予測は難しいですね。

まずは、新生銀行の口座は全て閉鎖して、ネット証券に資金を移すこと。

対面販売型の銀行で投資信託を買ってはいけません。

ラサール・グローバルREITよりは、下記の「ワールドREITオープン」がベターでしょう。

ネット証券なら、購入手数料は無料です。

ピムコ・米国ハイイールドオープンはお勧めです。

ハイイールド債券は低格付け債券ですが、銘柄分散がされているので、組み入れ銘柄が一部デフォルトしても、運用成績に大きな影響がありません。
米国では高格付け債券の利回りは1%前後ですが、低格付け債券は7%以上です。
ただし、ブラジルレアル建てなので、レアル相場は良くチェックしておくこと。
ブルームバーグのサイトで見れますから。

フェディリティ・USリートも良いでしょう。
米ドル建てなので、長期で安定した利回りが期待できるでしょう。

日本株ファンドの「JPM ザ・ジャパン」も魅力的ですよ。
現在は募集停止中ですが、4月から再開するそうです。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/ranking/

mis********さん

2013/3/1912:35:26

その3本は、為替リスクがまずは前面にあります。為替は(ドル円でも)国内株式と比べても8割程度の変動があるはずであり、「リスクなどない」ということは、どれを取ってもありませんので、ご承知おきください。なお、ハイイールドは、利回りが高い代わりに、格付け(信用度)が低い=信用リスクの高い投資対象でもあります。

分配金という意味では、リート、ハイイールド債への投資なので、確かに出やすいものですネ。

米国の景気回復を材料にされるということであれば、どれも悪くはないように思います。
以下、個人的に思うことをご紹介いたします。

■「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」
一部にユーロがあるので、今またその辺の不透明感は高まっているように思います。
ただし、昨年以前のように大きな荒波になるような感じは、現在のところはなさそう。

■「PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)」
レアルを取り巻く環境としては、成長率が高く、インフレも高まっており、金利は上昇傾向ですので、先高は予想されています。ただ、新興国通貨は政策リスクも低くないので、それを勘案しつつの投資になりますね。

■「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」
シナリオ的には無難のように思います。


リスクの取り方的には、(ブラジル・レアルコース)はやはりリスクが高めですが、もし、レアルに魅力を感じるようであれば、投資するつもりの金額の一部でこれに投資するのも面白いかもしれないですね。

東京投資カレッジ
http://www.tokyo-ic.jp/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる