ここから本文です

ばれない相続税 父が10億タンス預金に残した状態で 8年たったあとそのお金で適...

dor********さん

2013/3/2523:27:22

ばれない相続税

父が10億タンス預金に残した状態で
8年たったあとそのお金で適当に新幹線乗ったりゲーム買ったり旨いもの食う分には
ばれませんよね?

(ここで不自然に家、車等を買っ

た場合出所が分からない金と見なされ贈与税がかかる恐れがあるが。。。ある意味完全犯罪?

というか庶民からそんな厳しく贈与税とかいちいち監視したりして

庶民にとっては大金で政府にとってはたいして借金返済の足しにならないのに奪って。。鬼畜国家?せめて監視の目くらい緩めればいいのに。消費税でほとんど足りるのだから。

補足いろんな家電のネジをあけてその中に入れれば。。。とか
ブラウン管テレビならその箱の中にぶちこむ。

さらにいうならば
全部見知らぬホームレスに上げたと言っておき実際は友達に持ってもらう。
(家をどんなに調べてもないものはないのだから取り締まりようがない。)

どうでしょうか?自分の策士っぷり。
池のコンクリートの下に金塊を隠してばれた人がいますが爪が甘かったですね。
親戚でなく友達というのがポイントです。

閲覧数:
88,043
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

編集あり2013/3/2714:51:22

10億円のタンス預金ができる人の場合、通常は所得も多くなると思います。税務署は、所得の出方から生涯の蓄積された財産がどの程度かを予測しています。

この予測された金額との誤差の大きい相続税の申告書が提出された場合や、相続税の申告書の提出義務があると予測されているのに、その申告書の提出がなかった場合には、税務調査が行われることになります。

逃れた税額が多額になる場合には、査察が入る可能性もあります。
税務調査は任意ですから、見せたくないものがあれば見せなくてもかまいませんが、査察は強制調査ですから、見せたくないものがあったとしても拒否することができません。

タンス預金のみで10億円を隠せる被相続人であれば、査察部が担当する可能性は十分あると思います。

相続財産は、相続人が使わないとばれないと思っているようですが、被相続人の所得(入り)とその使い方(出)からも把握されます。
所得が多いのに、高額な資産を所有していない場合には、何らかの財産が隠ぺいされていると税務署は考えるのです。

あと、査察に入られると結構悲惨ですよ。

補足について
伊丹監督のマルサの女という作品に、過去の脱税者が財産を隠した手法が紹介されています。見たことありますかね。
その手法は、国税庁などへの取材から実際に有った事を紹介しています。皆さんいろいろなことやってますよ。
人形の中とかポットの中から隠し部屋まで、それらを見ると家電の中なんて普通です。

貸金庫や愛人宅なんてのもありますから、友人宅も想像できる範囲内でしょう。
査察の家宅捜索は、自宅から事業所、愛人宅など関係者のいるところ、また、財産が隠してありそうなところは一斉に入ります。
友人に迷惑をかけたくないのであれば、友人宅はやめた方がよいと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yon********さん

編集あり2013/3/2715:16:55

私も相続税には反対です。

火事に気を付けてください。

補足について

マイナンバー制度ができたらすぐに発覚するでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる