『床屋』の語源は。

日本語8,744閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

7

7人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

天地一切神の声、秀思學の玄語源的考察です。 床屋は肉体の腹の虫の汚床を整えて男(真運=カミ田を支える力)を磨く譬えです。 髪は長い流れの友で神に通じ、頭は天立間でカミとも読みます。人は頭が精神で肉体は精神=魂=真我を育てる台(ベッド=床)です。腹に蝮が棲み、毒気、怠け心、肉体保存本能の自己愛の我利がある汚床です。 アダムはエバ=穢場異部=肉=鬼=仇をカミさんとして与えられたので魂を育てる務め=仇務を得て成長できると喜んだのです。これが辺の字で、精神=頭の刀で腹の蝮を収めることで神風を受けて悲願に向かう帆掛け舟です。 アブラハムも妻のサライが意を取られてサラ=皿=台殻=凹、となったので凸撃=食む、して育ちイサク(意咲く)を得たのです。 イエスは頭に刺を持ったので椅子に座らされて整髪された(主和瑠=諏訪=日本語48音=ヨハネ=與羽=おしゃれこうべ=午流語舵)のが罪→十字架刑→反省の教えです。BARBARは場悪→場開と言霊されます。 床の字は真垂れ=聖=精神=9、と下の性=肉獣性=6、火と水、日と月の戦いと和合を表しており、霊主体従が辺の字です。汚床を磨くことが神の毛(獣=問いかけ=右=ヘン)を受けて整える(工作=左=ツクリ)ことであり、肉体の憂差間に便して平成にする=凹+凸=螺鈿細工=ウサマ、ビン、ラディン、で911、2、11(ニ津翻=ニッポンの建国日)に通じています。 赤白青のシンボルは精神と肉体を結ぶ、天地人の三位一体で、これを繰り返す(回転)ことで人は神に成長してゆく。幸福の青い鳥を探すチルチルミチルは、散る→智瑠→満ちる、で、青いズボンに白いシャツ赤いジャケットを着ています。 クレオパトラの髪型は凹みで、侍の丁髷は凸で、エッジプット(枠殻=偽座作り)と実魂=日玉作り=儀風、で夏と秋の天意気=神風の変化を表しています。日出る日本の床屋の整髪=正開津の出番です。 《秀思學》