ここから本文です

FLと仕上がりの違い

sai********さん

2013/4/1711:46:44

FLと仕上がりの違い

FLと仕上がりの違いを教えてください。
FLの基準(0ポイント)って何処になるのでしょうか?
素人のぶしつけな質問ですが宜しく御願いします。

閲覧数:
1,992
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aef********さん

2013/4/1713:37:26

こんな感じです。

GL→グランドレベル→地面の基準高さ
FL→フロアレベル→床の仕上がり高さ(複数の場合あり)
SL→スラブレベル→各階コンクリートの高さ
CH→シーリングハイ→天井の高さ

FLに関しては注意が必要で、各階につきFLが1つとは限りません。

例えば、RCの建物の3階で、A室の床仕上がり(A室のFL)が「3階SL+100㎜」で、
B室が「3階SL+120㎜」ならば、

A室FL=3SL+100
B室FL=3SL+120

となります。

ただ、単純に図面上の基準を示す意味で、
「1FL」=1階に1つ=設計上の基準値、となっている場合も多くあります。
(木造などに多い)

結局、事実上、表記方法が100%統一されているものではない
といえるでしょう。

質問した人からのコメント

2013/4/18 00:24:52

ありがとうございました。
勉強になります。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gej********さん

2013/4/1713:46:31

何かお考え違いされてませんか?
FL=フロアーラインですから床仕上がりの表面の高さを示します。
よって違いはないです。
FL=床仕上がり高さです。

基準0はGLと考えます。
ちょっと特殊な考えとして1階の床で高さが変わる場合などは、玄関ホールを0と考え和室はFL+20などのように+表示で考えて行きます。
もっとも掘りコタツのような場所はFL-300などの-表示もありますけどね。

asa********さん

2013/4/1713:08:24

FLはフロアーレベルの略ですよ!
だから仕上がり高さだと思います。
通常はFL=GL+150 と言った具合にGL(地盤面にある基準高さ)からの高低差が書いてあるはずですよ!

ath********さん

2013/4/1712:00:15

FLは、仕上がった高さで、床面の高さです。

しかし、部屋ごとに変わると混乱するので、どこかの高さが基準となります。

どこを基準にするかは、設計者次第ですので、建物によって、違います。

ちなみに、SLは、スラブラインで躯体の床面の高さです。


結局設計者次第の基準です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる